エールフランス航空のビジネスクラスで“空飛ぶシェフイベント”...|

エールフランス航空のビジネスクラスで
“空飛ぶシェフイベント”開催

パリ発長距離線、ビジネスクラスのメインディッシュ6種(9月末まで)を考案、 「ビストロノミー」の提唱者、イヴ・カンドボルドシェフが搭乗

2016.07.22 17:30

エールフランス航空は、パリ、シャルル・ド・ゴール空港発成田行きのAF276便の機上で“空飛ぶシェフイベント”を開催いたしました。“空飛ぶシェフイベント”は、長距離線ビジネスクラスのメインディッシュを考案した有名シェフが実際にフライトに搭乗する、エールフランスならではのサプライズイベントです。
今回は、パリ発長距離線、ビジネスクラスのメインディッシュ6種(9月末まで)を考案した「ビストロノミー」の提唱者、イヴ・カンドボルドシェフが搭乗。その日だけのスペシャルメニューをビジネスクラスのお客様に提供しました。
エールフランスはフランス料理の最高の味を世界中の都市にお届けしています。

ビジネスクラスのラウンジ
ビジネスクラスのラウンジ

動画リンク: http://corporate.airfrance.com/en/press/news/article/item/the-chefs-on-board-event-yves-camdeborde-takes-off-to-tokyo/


【“空飛ぶシェフイベント”概要】
“空飛ぶシェフイベント”は、お客様に事前告知せず、ビジネスクラスのみで開催される機上のサプライズイベントです。当日はチェックインカウンターやビジネスクラスのラウンジに、搭乗するシェフの写真を入れたパネルやバナーを飾り、普段と少しと違った雰囲気を演出します。


■搭乗口でシェフがお出迎え
2016年7月6日に開催された“空飛ぶシェフイベント”での最初のサプライズは、搭乗口でのシェフによるお出迎えでした。コック帽、コックコートに身を包んだイヴ・カンドボルドシェフとエールフランスのケータリング会社 セルヴェールの調理担当シェフの二人が搭乗するお客様をお迎えしました。早速シェフと記念写真を撮るお客様も。


■機内アナウンスに続いてシェフの直筆サインとメッセージの入ったメニューの配布
ビジネスクラスの客室では“本日はイヴ・カンドボルドシェフが同乗して、皆様に今日だけのスペシャルメニューを提供します。”とアナウンスがあり、58名のお客様全員にシェフの直筆サインとメッセージの入ったメニューが配られました。可愛い子豚はシェフのシンボルマークです。農家で育ったシェフが子供の頃から一番好きな動物だそうです。


■スペシャルメニュー
アミューズから前菜、メイン4種、イヴ・カンドボルドシェフがその日のために考案したスペシャルメニューです。一皿一皿、シェフ自ら丁寧に盛り付けたお料理を、客室乗務員と一緒に息の合ったチームワークでサービスしました。

・アミューズ・ブーシュ
小さな盃に入ったフォアグラ、青リンゴ入りのアスピックゼリー寄せ

・美食家の前菜
伊勢海老の冷製、グリーンピースの新芽とフランボワーズ、ブルーベリーを載せたアスパラガスのサラダ、モッツアレラチーズクリーム添え、フランボワーズのソースはスポイトでお好みに

・メイン4種
1.フォアグラの詰め物をした鶏肉の煮込み、白ソース、紫玉ネギのピクルス、干しブドウ、ピラフ添え
https://www.atpress.ne.jp/releases/108084/img_108084_8.jpg
2.鱈の柔らかい煮込みとスモークサーモン、根セロリとジャガイモ、パルメザンのクランブルとひまわりの種、エスペレット赤唐辛子添え
3.牛肉と野菜の和風胡麻風味炒めとご飯
4.彩り夏野菜の取り合わせ、軽いクリームソースと合わせて


■お客様との交流
カンドボルドシェフが何よりも楽しみにしていたのはお客様とのコミュニケーションです。お料理の由来やシェフの個性的なアレンジ、スパイスや香味野菜の内容など、色々な質問にお答えし、お客様からも様々なコメントや感想が寄せられました。「初めは少しとまどっていたお客様も、お食事をしながらどんどん積極的になられて楽しい会話が弾みました。料理の魔法ですね。」とカンドボルドシェフは語りました。


■18ヶ月の準備期間が可能にした6種類のメインディッシュ
カンドボルドシェフのコメント:
「エールフランスからビジネスクラスのメインディッシュ考案の話があった時、とても誇りに思いました。有名な素晴らしいシェフ達がエールフランスの機内食に挑戦しているので、その一員になれた!と心から嬉しかったです。
私が小さい頃、週末のご褒美は両親に近くの地方空港に連れて行ってもらい、滑走路から飛び立つ真っ白なエールフランスの飛行機を見ることでした。いつかあの飛行機に乗りたい、と思ったものです。
大役を引き受けてまず始めに機内食の会社を見学に行き、様々な部門の工程を把握し、理解することを目指しました。機内食はレストランとは違い、作った料理がすぐにお客様にサービスされるわけではありません。調理からお客様にサービスされるまでの工程や時間を逆算して考える必要があります。もちろん衛生上必要な全ての条件が満たされていることは不可欠です。また、2,000食、3,000食を作る機内食では常に安定した供給を見込める食材選びも重要です。高度や気圧によって、塩味は地上よりも感じやすくなるのでおよそ半分の量にする、ということをエールフランスのケータリング会社 セルヴェールのシェフから学びました。そこで味に深みを出すために様々な香料やアクセントになる酸味の利いたピクルス、柑橘類、胡麻やナッツ、香味野菜などを組み合わせて使い、かりっとした歯ごたえの残る食材なども工夫しました。私が料理で目指しているのは暖かみのある懐かしいフランス料理、誰もが記憶に持っているフランスの伝統料理の味をカンドボルド流に生まれ変わらせることです。今回考案した6つの料理は昔からあるフランスの伝統料理ですが、どれも私の個性が味で表現されています。
料理が決定した後、6つある機内食の工場で調理、盛り付けの講習を行い、どの工場でも私が目指す味、盛り付けになるまで、何回もトレーニングとテイスティングを行いました。それには18ヶ月という長い期間が必要だったのです。そして最も重要な役割を担う、客室乗務員への講習も念入りに行いました。最終的にお客様に完成した料理をお出しするのは機内でサービスするクルーだからです。エールフランスのケータリング会社のスタッフと客室乗務員の皆さんのチームワークのおかげで、自信を持って“私の料理”と言えるお食事をビジネスクラスで提供しています。」


【エールフランス航空とフランス料理の美学】
最高峰のフランス料理を機内で提供することはエールフランス航空の使命です。エールフランスは高品質で美味しく、他では味わえない料理を提供するために常に努力を続けてきました。2011年以来、エールフランスでは著名なフランスのシェフ達にビジネスクラスのメインディッシュの一皿を依頼しています。現在までジョエル・ロブション、ギィ・マルタン、ミシェル・ロット、ティボー・ルジェリ、レジス・マルコン、アンヌ=ソフィ・ピックなど綺羅星のような名前が並びます。シェフ達はエールフランス便の機内でフランス料理の素晴らしさを伝えるフランス料理大使の役目を担っています。

■エールフランス航空のビジネスクラスのお料理について
・食前酒と共にアミューズ、おかきやナッツなど、おつまみのサービス
・前菜
・メインディッシュ(パリ発、4種)シェフのお勧め、和風、洋食、野菜のお料理
・メインディッシュ(日本発、3種)洋食、和風、野菜のお料理
・季節のチーズ(2種)、デザート
・コーヒー、食後酒

ワインリストはシャンパン、赤2種、白2種の構成。季節によってロゼも加わります。現在のソムリエは2013年世界ソムリエチャンピォンのパオロ・バッソとワインガイド編纂のデュオ、ティエリー・ドゥソーヴとミシェル・ベタンヌが担当しています。

上記の他、事前注文(無料)で先付け、八寸、台の物などで構成される本格的な和食もお楽しみいただけます。また、エールフランスオリジナルレシピのお味噌汁は洋食にも和食にも喜ばれる伝統のサービスです。日本線、及び韓国線の全ての客室で提供されています。

カテゴリ:
イベント
ジャンル:
その他乗り物 フード・飲食 経済
報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「108084」を
担当にお伝えください。

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

こんなリリースをよく見ています

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

    こんなリリースをよく見ています

    このリリースを見た人が興味がある…

    • 関連画像
    • 関連記事
    • 会社情報