エヴィクサー、明治座のインバウンド向け公演「SAKURA -...

エヴィクサー、明治座のインバウンド向け公演 「SAKURA -JAPAN IN THE BOX-」に スマートフォンアプリを提供開始

~訪日外国人向け日本文化演劇に多言語字幕、連動演出を同時に実現~

エヴィクサー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:瀧川 淳、以下 エヴィクサー)は音響通信ソリューション「Another Track(TM)(アナザートラック)」を組み込んだスマートフォンアプリを、2016年9月7日(水)より上演される明治座の訪日外国人(インバウンド)向け公演「SAKURA -JAPAN IN THE BOX-」に提供することとなりました。

「SAKURA -JAPAN IN THE BOX-」イメージ 1
「SAKURA -JAPAN IN THE BOX-」イメージ 1

「Another Track(TM)」は、劇場等のスピーカーから流れる「人の耳には聴こえない非可聴域の透かし音」を、スマートフォンやウェアラブル端末といったスマートデバイスが認識すると、その画面に劇の進行に連動した多言語字幕やAR等の演出を表示させる音響通信の技術です。
字幕データやAR等の連動演出は0.1秒以内に伝達され、舞台やライブ会場等でリアルタイムに配信できます。また、電波のない環境や機内モードでもデータを伝達できることや専用の音響設備が不要であるため、容易に劇場に導入することができます。

明治座公演「SAKURA -JAPAN IN THE BOX-」では、訪日外国人の観客が自分のスマートフォンに上記のスマートフォンアプリをインストールして観劇すると、なじみのない日本文化を自国の言葉で解説を受けることや、劇の進行に合わせた効果的な演出を受けることで、本編をより魅力的に楽しむことができます。

明治座公演「SAKURA -JAPAN IN THE BOX-」への「Another Track(TM)」導入は、従来の字幕表示等のサービスとは異なり、「ライブでの多言語字幕およびAR等の連動演出」を同時に提供する初*の事例となります。

今後、エヴィクサーは、訪日外国人向けに開催される劇やシアター等への「Another Track(TM)」の提供を通して、日本文化の伝承に貢献いたします。

* 2016年当社調べによる


■明治座のインバウンド向け公演「SAKURA -JAPAN IN THE BOX-」とは
日本が誇る伝統芸能と、経済産業省が推進する「クールジャパン戦略」の有力コンテンツであるアニメを、和の世界観で融合。日本初のアクロバットダンス・カンパニー「G-Rockets」を主宰する多田 誠氏が総合演出を手がける、光、映像、音楽で魅せる新感覚パフォーマンスで、夜のTOKYOインバウンド需要を満たし、盛り上げていきます。

<公演概要>
公演タイトル: 「SAKURA -JAPAN IN THE BOX-」
URL     : http://sakura-meijiza.com/
公演日程  : 2016年9月7日(水)~2017年3月31日(金)
        ※2017年度以降の日程は調整中
公演時間  : 20:30~21:40
会場    : 明治座(東京都中央区日本橋浜町2-31-1)
        ※座席数:1,368
主催    : 株式会社明治座
特別協力  : 三井不動産株式会社
共催    : 株式会社イープラス


■「SAKURA -JAPAN IN THE BOX -」の世界観
 全ての“日本”が一つの箱に収められた“玉手箱”
 ひとたびJAPAN IN THE BOXを開けば、色々なカタチをした日本の美が踊り出す

舞台は、全て“和”の世界観で統一します。しかし、ただ単に、伝統芸能や大衆文化の世界だけを強調するのではなく、現代日本が育んだアニメも合わせ、全ての“日本”が一つの箱に収められた“玉手箱”をイメージしています。一度この箱を開けば、色々なカタチをした壮大なジグソーパズルのワンピースのように、それぞれ個性的な文化が踊り出す。
そして、それら全てが“和”の力(パフォーマンス・劇場空間)によって結びつき、観客をも巻き込みながら“調和”された世界、美しく、そして不思議な国“日本”がそこに広がる。まさに“日本”の全てを感じていただける、新たなエンターテインメントの世界を作り出します。


■エヴィクサー株式会社について
「音でみえる 音でつながる 音でたのしむ 音のソリューションパートナー」
エヴィクサーは、音・画像の信号処理に基づくソフトウェア(ACR技術、音響通信、音センシング)と、ネットワーク関連技術の研究開発に取り組む技術者集団です。
「TBS 世陸応援団」「TBS キクミミ」等のアプリをはじめとして、テレビ放送局、大手広告代理店、プラットフォーム運営会社等が手がけるアプリやキャンペーンに数多くACR技術を提供し、映画「貞子3D2」のスマ4D企画や映画「アイカツ!ミュージックアワードみんなで賞をもらっちゃいまSHOW!」等のスマートフォンアプリ連動企画にも技術提供をしております。
(URL: http://www.evixar.com )


「Another Track(TM)(アナザートラック)」は、登録申請中のエヴィクサー株式会社の商標です。

取材依頼・商品に対するお問い合わせに関しては
プレスリリース内にございます企業・団体に直接ご連絡ください。

  • 会社情報