若者の新しいライフスタイル「シェアハウス(ゲストハウス)」探...

若者の新しいライフスタイル「シェアハウス(ゲストハウス)」探しのポータルサイト『みんなのいえ』開設 http://www.share-house.jp/

 学生マンション・学生会館・学生寮の企画開発、情報サービスを行う株式会社英貴(本社:滋賀県大津市、代表取締役:上田 貴之)の東京支社(所在地:東京都新宿区、支社長:南雲 聖運)・東京学生情報センターは、全国の学生に向けて、首都圏のシェアハウス(ゲストハウス)の検索、及びルームメイトを探すことができるポータルサイト『みんなのいえ』を新たに開設いたします。
同時に、現在運営中の学生向け物件検索Webサイト『eiki-net(えいきねっと)』とモバイルサイト『すぐルーム』でも検索が可能になります。また、無料発行している学生向け不動産情報誌「学生下宿年鑑」に「シェアハウス(ゲストハウス)版」を新たにラインアップして発行いたします。

ルームメイトを探す
ルームメイトを探す

首都圏では他人同士が一軒家などで共同生活をするシェアハウス(ゲストハウス)やルームシェアが20代の若者の間で急速に広がりつつあります。初期費用がなく家賃も安い上、人とのコミュニケーションが盛んで人気を集めています。『みんなのいえ』はそんな若者のニーズに応えたるため、シェアハウス(ゲストハウス)の物件検索から、ルームメイトのマッチング、選ぶ時のポイント・メリットなど、シェアハウス(ゲストハウス)初心者でもわかる情報満載のポータルサイトとなっています。

【シェアハウス(ゲストハウス)とは】
日本では、外国人を対象とした簡易宿泊施設としてのイメージが強いですが、欧米では学生を中心に、施設内の玄関・リビングダイニング・水回り設備を入居者間で共有する、【シェアハウス(ゲストハウス)】という賃貸住宅が一般化しています。近年、日本においても、需要の高まりとともにシェアハウスの供給が増加傾向にあります。シェアハウス(ゲストハウス)の特長として、生活に必要な家具や家電があらかじめ施設内に設置されており、さらに、敷金・礼金・仲介手数料といった従来の賃貸に必要な費用がかからないために初期費用が少なく、トランク一つで引っ越せる手軽さなどが相まって人気を集めています。

【なぜ今シェアハウス(ゲストハウス)なのか】
地方から上京する学生に対する親元からの仕送り額は、2007年6月現在、1986年の調査開始以来過去最低額(95,900円)でした。(2008年度 東京私大教連調べ)その時点でも、仕送りに対する家賃の占める割合が60%を超えていました。その後の経済状況の悪化で、出来るだけ低価格で初期費用の少ない物件への学生のニーズはさらに切実なものとなっています。また、シェアハウス(ゲストハウス)を題材としたテレビやマンガの影響もあり、若者の“ライフスタイル”に対する考え方にも変化が生まれています。家族ではない他人同士が共同生活の中で支え合い助け合って成長したり、人の輪が広がることで、時には今まで考えもしなかった世界を知ることが出来る、そんなライフスタイルに若者は魅力を感じています。
ただ安いだけではない、人と人が生活を共有することで生まれる、アパートやワンルームマンション暮らしでは得ることの出来ないものがあるからこそ、今の若者に「シェアハウス(ゲストハウス)」が求められています。


【サービスの仕様】
サービス名(Web)   :『学生向けシェアハウス・ゲストハウス(みんなのいえ)』
URL         : http://www.share-house.jp/
サービス名(雑誌媒体):『学生下宿年鑑<シェアハウス(ゲストハウス)版>』
リリース日     : 平成21年2月20日
開発・発行     : 株式会社英貴 東京支社


【会社概要】
名称   : 株式会社英貴
本社   : 滋賀県大津市西の庄19-10
東京支社 : 東京都新宿区新宿3-24-1 三井住友銀行新宿ビル5F
設立   : 昭和52年2月
資本金  : 5,000万円
従業員数 : 14名(東京支社)
事業内容 : 1.総合建設業、一級建築士事務所、不動産コンサルティング業
       2.不動産仲介業(学生マンション・学生会館・学生寮・シェアハウス・有料老人ホーム・高齢者マンション)
       3.情報誌の編集・発行
       4.WEBサイトの企画・制作・運営
       5.広告代理業
代表取締役: 上田 貴之
東京支社長: 南雲 聖運
URL    : http://www.eiki-net.co.jp/

カテゴリ:
サービス
ジャンル:
住宅・不動産
報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「10291」を
担当にお伝えください。