レノボ・ジャパン、「Lenovo presents シブハル...|

レノボ・ジャパン、 「Lenovo presents シブハル2016」を開催

渋谷IT化プロジェクト 「PLAY! DIVERSITY SHIBUYA FES」で 渋谷区観光協会公認アプリを発表し、 渋谷区観光のデジタル化をサポート!

レノボ・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:留目 真伸、以下 レノボ)は、2016年4月28日より開催されている「シブヤをITでもっと楽しく、便利に!」をテーマにした「PLAY! DIVERSITY SHIBUYA FES」プロジェクトの一環である、「Lenovo presents シブハル2016」を開催し、渋谷区観光のデジタル化第一弾となる、渋谷区観光協会公認アプリ「PLAY! DIVERSITY SHIBUYA」を発表しました。

左から金山様、留目、長谷部様、Zeebraさん、中川様、渋谷区商店会連合会 会長 大西 賢治様
左から金山様、留目、長谷部様、Zeebraさん、中川様、渋谷区商店会連合会 会長 大西 賢治様

「Lenovo presentsシブハル2016」公式ホームページ: http://shibuya.lenovo-active.com/2016shibu-haru/


レノボは、今期より一般財団法人 渋谷区観光協会(以下 渋谷区観光協会)と協業し「PLAY! DIVERSITY SHIBUYA FES」プロジェクトをスタートしました。このプロジェクトは、ITを駆使し、街のデジタル化を推進し、国内、海外の方々に多様化している渋谷区の魅力を最大限に引き出していくこと狙っています。

4月28日(木)から5月5日(木・祝)まで開催中の「Lenovo presents シブハル2016」と秋に実施しているハロウィンイベント「シブハロ」をメインフィールドとし、多くの方々に、ITの活用により渋谷区を楽しんでもらいたいと考えております。本プロジェクトは、2020年の国際的なイベントに向けて今後さらに関心が高まる国際都市渋谷区(渋谷/原宿)で、春と秋の二つの山を作り、国内外の様々な方々に渋谷区を存分に楽しんでもらうことを目的として開催されています。

GW初日となる4月29日(金・祝)に開催された報道向け発表会では、渋谷IT化計画の第一弾として、渋谷区観光協会公認アプリ「PLAY! DIVERSITY SHIBUYA」について発表されました。アプリの開発に伴い、渋谷区内の提携店舗、街路灯などにはビーコンが設置され、アプリをダウンロードした、スマートフォン所有の来街者がビーコンに近づくとプッシュ型で端末に自動的に情報が配信されるシステムを構築しました。渋谷と原宿のデジタル観光情報として、歩いているだけで本イベントや渋谷区の情報、クーポンなど渋谷がもっと楽しく、便利になるサービスを享受できるようになります。

本アプリのダウンロードは無料(*通信料は端末所有者のご負担)で、Android OS 4.3 以上の Bluetooth LE 対応端末、iOS 8以上 の Bluetooth LE 対応端末(iPhone 4S以上)に対応しております。現在は日本語のみですが、今後、英語、中国語など他言語に対応の予定です。渋谷区観光協会公認アプリ「PLAY! DIVERSITY SHIBUYA」は、Androidは、Google Play、iOSは、App Storeで「PLAY! DIVERSITY SHIBUYA」を検索してダウンロードが可能です。

5月4日(水・祝)21:00からCLUB CamelotにてGIRLS NIGHT OUT、22:00からSOUND MUSEUM VISIONでFUTURE WAVEが始動され、アプリを見せるとワンドリンクサービスの特典もございます。

記者発表会には、当社 留目のほか、渋谷区 区長 長谷部 健様、アソビシステム株式会社 代表取締役社長 中川 悠介様、一般財団法人 渋谷区観光協会理事長 金山 淳吾様の登壇に加え、トークショーのゲストに渋谷区観光大使ナイトアンバサダー/クラブとクラブカルチャーを守る会会長/ヒップホップアーティストとして活動されているZeebraさんをお迎えしました。

レノボ・ジャパン留目は、「当社のビジネス同様に、日本をコンピューティングパワーで世界一のIT国家にすることをサポートできればと考えております。渋谷とは、ハロウィンイベントからご一緒させて頂いております。日本を代表する多様性のある街、渋谷区および渋谷区観光協会と協力することで、新しい取り組みを積極的に行い、同様の仕組みを日本全国の活性化にも貢献していきたい。」などとコメントしアプリの多様性や渋谷区観光協会との関係、「PLAY! DIVERSITY SHIBUYA」プロジェクトの意義について述べました。

本イベントの後援である、渋谷区 区長 長谷部 健様は、「渋谷区はこれから国際都市に向けてますます発展そして、成熟期を迎えます。ロンドン、パリ、ニューヨーク、渋谷区といわれるような世界を代表する多様性のある国際都市を目指してまいります。」と都市開発の豊富をお話し頂きました。

渋谷への観光客誘致をおこなう、一般財団法人 渋谷区観光協会の金山 淳吾様からは、来街者の現状と本年度の取組みについて触れ、「ここ数年で多様な国々からの来街が見受けられるようになりました。特に最近では中国をはじめフィリピンからの来街者が多いと感じています。そして、どの国の方も事前にオンラインによる口コミで情報収集をしているケースが多くみられます。
日本に観光に来られる様々な方が、多様な遊びの可能性がある渋谷を、来街者と親和性のあるITやアプリ活用で、更に渋谷の深い魅力に触れて頂くために、このアプリを活用して頂きたいです。」と述べました。

ゲストの渋谷区観光大使ナイトアンバサダーZeebraさんはトークセッションで、渋谷やアプリの魅力について「多様性あるコンテンツが溢れる渋谷カルチャーを存続させるためにも、夜は勿論いつでもモラルをもって、粋に渋谷を楽しんでもらいたい。」とお話を頂き、アプリについては街を歩くだけで、空気のように自然に情報を入手できるユーザビリティに共感を頂きました。

レノボでは、本アプリの汎用性を活用し、来街者の渋谷区観光を充実した経験にして頂くために様々なアプリ機能の拡充、地域や店舗との連携と他言語化を予定するとともに、日本全国にも観光その他、地域創世などで同様のソリューション提供により活性化のサポートができればと考えております。


【渋谷区観光協会公認アプリ「PLAY! DIVERSITY SHIBUYA」概要】
■名称:「PLAY! DIVERSITY SHIBUYA」
    レノボが提供する、渋谷区観光協会公認アプリ(開発者:CURATIONS)

■対応:Android OS 4.3以上のBluetooth LE対応端末、
    iOS 8以上のBluetooth LE 対応端末(iPhone 4S 以上)
    無料*通信量は利用者の負担

■提供サービス:
PLAY! DIVERSITY SHIBUYA FES「シブハル」のイベント情報や渋谷原宿のショップ情報、参加店舗からのお得なクーポンを提供。

■シブハル2016のサービス例:
5月4日(水・祝)21:00からCLUB Camelotにて開催されるGIRLS NIGHT OUT、同日22:00から SOUND MUSEUM VISIONでFUTURE WAVEでアプリを見せるとワンドリンクサービス。

■情報発信店舗数:約80店舗

■ビーコン設置:
約300カ所 渋谷地区~道玄坂、宇田川町、公園通り周辺の街灯、パルコ他の協力店舗原宿地区~表参道、明治通り周辺の協力店舗

■情報提供の取得:
対応端末に渋谷区観光協会公認アプリ
「PLAY! DIVERSITY SHIBUYA」」をダウンロード~利用規約に同意

渋谷区に設置されたビーコンに近づく(約8~20m)と通知機能が作動し、
「近隣の店舗で使えるお得なクーポンが」あります。」などのメッセージをプッシュ配信。

アプリを開くと近隣店舗からのクーポン情報が表示
該当店舗でご提示
ショップ情報や観光情報の閲覧

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「100934」を
担当にお伝えください。

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

こんなリリースをよく見ています

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

    こんなリリースをよく見ています

    このリリースを見た人が興味がある…

    • 関連画像
    • 関連記事