繁盛店づくりは見た目が9割  デザインエージェントによる起業支援 「店舗デザイン相談所」1月開始

2017.12.28 16:30

横浜のデザインエージェント、株式会社JIN(代表取締役:斉藤 高広)は、ショップ、クリニック、学習塾、宿泊施設など初めてお店を出す方を対象としたデザインサポートサービス「店舗デザイン相談所」を2018年1月に開始します。


店舗デザイン相談所 ホームページ: http://tenpodesign.yokohama/


多くのデザイン実績


■「店舗デザイン相談所」特徴

<店舗づくりをトータルで任せられる>

誰でも初めてお店を出店する時は不安なもの。そんな時に頼れるのが「店舗デザイン相談所」のトータルデザインサービス。一瞬で人を惹きつけるネーミング。圧倒的に他店との違いを表すコンセプト創り。名刺、チラシなどの印刷物作成、店舗デザインやインテリア、施工に至るまで、人の目に映るもの全て任せられます。


<3年もつお店は半数>

毎日様々なお店が開店していますが、廃業するお店も少なくありません。特に飲食店・宿泊業の廃業率は18.9%と高く(新規開業パネル調査:日本政策金融公庫調べ)、3年もつお店は半数とも言われています。ただ情熱だけで繁盛店を創るのは現実的に難しい時代。


<そのお店にしかない「魅力」を発見しカタチにする>

早期に閉店するお店の共通点としては、明確に他社との違い(コンセプト)を表現できていないこと。「店舗デザイン相談所」は、そのお店にしかない魅力を発見しカタチにすることをミッションとして、店主の持つ曖昧な構想を、ヒアリングやコーチングを通してブラッシュアップ。初めてお店を出す人でも、大手にも負けない魅力的なお店をつくることを目的としています。


<クリエイター陣がお店づくりをバックアップ>

一般的なデザイン会社、店舗施工会社との違いは、クライアントに合わせ店舗デザイナー、施工会社、グラフィックデザイナー、カメラマン、コピーライター等クリエイターをキャスティングしチームを結成。孤独になりがちな店主を全面バックアップします。


<店舗デザイン相談所のもう一つの役割>

それは、クリエイター(技術者)の発掘と活躍の場の創造です。実力はあるのにもかかわらず、宣伝力の乏しいために活動の幅が広がらないフリーのクリエイターや、下請け体質の建築業界の職人等を発掘し起業家との橋渡しをしていきます。



■店舗デザイン事例

01:創業メンバーの「好きな事」を詰め込んだ、遊べるシェアオフィス

https://www.atpress.ne.jp/releases/146636/img_146636_2.jpg

02:どんな子も、勉強したくなるワクワク学習塾

https://www.atpress.ne.jp/releases/146636/img_146636_3.jpg

03:ビジネスマンを癒す、都会の真ん中のリラクゼーションサロン

https://www.atpress.ne.jp/releases/146636/img_146636_4.jpg



■運営会社概要

商号  : 株式会社JIN

所在地 : 横浜市神奈川区三ツ沢上町5-19

代表者 : 代表取締役 斉藤 高広

創立  : 1994年

業務内容: デザインコンサルティング デザイン制作 ブランディング 宣伝支援

報道関係者向け
お問い合わせ先

@Press運営事務局までご連絡ください。
ご連絡先をお伝えいたします。
お問い合わせの際はリリース番号「146636」を
担当にお伝えください。