プレスリリース配信サービス@Press

@Pressスタッフブログ

PRマン的 テレビの見方

2013.09.04

まだまだ若いKです。


広報担当なら毎日テレビを見るのは当然のこと。

単なる視聴者として、ただ流しながら番組を見るのはよくないです。

意識的に、

 「どの番組でどんな企画をやっているのか」
 「どんな商品やロケをしているのか」
 「時節に絡めたテーマで商品やサービスなどを紹介しているか」

など、チェックしてみてください。


すると、いろんな発見があります。

「おっ、あの番組昔は企業の商品は紹介しなかったけど、コーナーできてる!アプローチできるかも」

「●●に絡めた企画でいろんな商品紹介してるなぁ。うちの店舗も時節を絡めてプレスリリースを書こう」

といったアプローチ方法が浮かんでくることがあります。


テレビだけではなく、雑誌やウェブ、新聞など、
自社のネタを取り上げてもらいたいメディアは隅から隅までチェックして、
「自社のネタだったら、このコーナーに・・・」と日々考えるようにしてみてください。


見えてきます。


その後は、該当コーナーの担当者宛にプレスリリースを送ったり、
メディアキャラバンで企画を提案するなどしアプローチをすると、
露出の確度は当然高くなります。



「メディアキャラバンで企画を提案・・・。どういうこと?」という方のために、
次回の私の番では その具体的な手法をご紹介します。


今回はここまで・・・。


では。

無料会員登録 サービス資料ダウンロード 無料プレスリリース相談会