プレスリリース配信サービス@Press

「利用者の声」を活用しよう!|@Press

ご相談はお気軽に03-5363-4870

@Pressスタッフブログ

「利用者の声」を活用しよう!

2010.03.11

皆さん、「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」ってご存知ですか?
真っ暗闇のなかで行われるエンターテインメントということで、
今までにないスタイルに今大きな話題を呼んでいます。


実は、ダイアログ・イン・ザ・ダーク様には@Pressをご利用いただいていますが、
先日、大変恐縮なことに公演にご招待いただき、実際に体験しに行ってきました。

本当に真っ暗で、最初はドキドキするのですが、何も見えない分、
他の感覚がどんどん鋭くなっていくのが分かり、とても貴重な体験をすることができました。


この「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」ですが、
先日、大成建設株式会社の新入社員研修に利用され、
日本経済新聞(各地方版含む)に大々的取り上げられていました。
これでますます「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」を知る人が増えたのではないでしょうか。


このように、自社のサービスや商品が、他社に利用されているという情報からも、
認知度の向上に繋がります。また、「利用者の声」からは、
使用しているイメージが湧きやすいという利点もあります。

サービス開始や商品の発売のときにはプレスリリースを出したけれど、
その後にどんな内容のプレスリリースを出していいか分からない・・・、
と悩まれている方もいらっしゃると思います。

そのサービスや商品がどのように利用されているのか、
という内容でもプレスリリースを出されてみてはいかがでしょうか。


ちなみに、「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」は、真っ暗闇のなかを、
“暗闇のエキスパート”視覚障害を持つ方(アテンド)の誘導のもと、
目的地まで進んでいく体験型の公演です。
その道のりは、まるで散歩のようで、途中、カフェやバーで一休みも・・・。


視覚以外の感覚からも、
こんなにたくさんの情報を得て普段過ごしているんだということに気づかされました。
1989年にドイツの哲学者が考案し、現在は世界各国で公演されています。

本当にお勧めなので、是非体験されてみてください!!

@Pressから配信したプレスリリース
「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」公式サイト

無料会員登録 サービス資料ダウンロード 無料プレスリリース相談会