印刷する

報道関係者各位
プレスリリース

2022.07.05 11:00
株式会社ブランジスタ

株式会社ブランジスタメディアは、島根県松江市と提携し、ローカルの旅の魅力を発掘する「旅色FO-CAL」島根県松江市特集を7月5日に公開いたしました。電子雑誌・動画のナビゲーターを務めるのは、女優の高梨臨さんです。

「旅色FO-CAL」島根県松江市特集 / スペシャルナビゲーター・高梨臨さん

「のんびりと、でも欲張りに 心躍る松江探訪へ」

https://tabiiro.jp/book/fo-cal/matsue/

 電子雑誌「旅色」は、島根県松江市と提携し、同市のプロモーションを目的とした「旅色」の特別編・「旅色FO-CAL」島根県松江市特集を公開いたしました。スペシャルナビゲーターの高梨臨さんが、1泊2日で松江市を巡り、電子雑誌と動画で魅力を発信します。

 松江市は、宍道湖と中海の2つの大きな湖、松江城を囲む堀川、日本海……と水とともにある魅力あふれる旅先。国宝・松江城や神話に包まれた八重垣神社といった歴史スポットや、湖の幸や海の幸はもちろん、不昧公(ふまいこう)と呼ばれ、松江藩中興の祖とされる松江藩松平家7代藩主松平治郷ゆかりのそばや和菓子など、多彩な食文化をもつ土地でもあります。経済産業省調べで暮らしやすさ日本一にも輝いた、このまちの魅力に触れてみませんか。



■ 第一特集「1泊2日でいく ノスタルジックな松江の旅路」

https://tabiiro.jp/book/fo-cal/matsue/trip/

 宍道湖と中海という全国でも第7位と第5位という大きさをもつ、2つの汽水湖がある松江市。その湖の豊かな四季の風景と、国宝・松江城や湖に浮かぶ日本庭園・由志園、青石畳通りなど、昔ながらの景色が残る港町・美保関など、自然と歴史文化が融合するこのまちをのんびり散歩してみました。道中では名産・黒毛和牛を用いた絶品しゃぶしゃぶに舌鼓をうったり、「すっごく集中しちゃいました。楽しい!」と伝統工芸体験に夢中になったり。体験で何をつくったのかは、ぜひ、本誌を確認してください。


高梨臨さんの旅ムービー: https://youtu.be/RCxV0UIG_iE



■ アウトドア派? インドア派? 松江のとっておき旅体験

https://tabiiro.jp/book/fo-cal/matsue/column/

 観光やグルメとセットで楽しみたいのが、旅ならではの体験。海・湖のアクティビティと、古くから守られている手仕事の両方が体験できるのは、松江市ならではです。



■素敵なご縁を求める旅へ 松江の縁結び“映え”スポット

https://tabiiro.jp/book/fo-cal/matsue/column2/

 縁結びで名高い八重垣神社のほかにも、松江市内には知る人ぞ知る縁結びスポットがたくさんあります。意外なところにあるハート形や、ユニークなジンクスのある場所をまわって、強力にご縁を引き寄せちゃいましょう!



■ スペシャルインタビュー / 高梨臨さん

https://tabiiro.jp/book/fo-cal/matsue/interview/

 エレガントな美貌でドラマに映画に活躍する高梨臨さん。実は、全国のおいしいお店のチェックを欠かさず、日本酒も大好きなグルメ通なのだとか。ふだんの旅スタイルは食が中心とのことですが、「次来たら、あれしよう。そう思えるほど、魅力がたくさん」と、今回の松江では観光スポット巡りも積極的に楽しんでいました。



<旅色FO-CAL 概要>  

https://tabiiro.jp/fo-cal/

 「日本のどこかであの女優が旅をしている」をコンセプトに、大人の女性に上質な旅を提案するトラベルウェブマガジン「旅色」の特別号として、日本のローカルにフォーカスしています。定番の観光地だけでない、はじめて訪れる土地で見つけた感動や興奮をお届けします。



<株式会社ブランジスタメディア 会社概要>

URL   :https://media.brangista.com/

本社所在地:〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町20-4

ネクシィーズスクエアビル

代表者  :代表取締役社長 井上秀嗣

事業内容 :電子雑誌出版・電子広告


株式会社ブランジスタメディアは、株式会社ブランジスタ(東証上場6176)のグループ企業です。

印刷する