印刷する

報道関係者各位
プレスリリース

2022.07.21 11:00
さくら情報システム株式会社

さくら情報システム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:重定 宏明、以下:さくら情報システム)は提供中の「電子帳簿保存法対応ソリューション」の製品群にウイングアーク1st株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員CEO:田中 潤、以下:ウイングアーク1st)が提供する電子帳票プラットフォーム「invoiceAgent」を加え、クラウドサービスとBPOを組みわせたソリューションとしてさらに対応力を強化することをお知らせいたします。


invoiceAgentとBPOサービスの提供


■サービス提供の背景

昨今、コロナ禍をきっかけとして、また働き方改革の一環として各種業務のペーパーレス化やクラウドサービスの導入といったDX化が進んでいます。さらに、2022年1月の改正電子帳簿保存法(以下、電帳法)の改正をきっかけに、電子取引だけでなく紙を含めた取引関係書類のやり取りについてDX化実現を検討する企業が増えています。その一方で、取引先の意向によっては全てを電子化できず、紙の書類を郵送で受け取るなどの運用が残ります。また、電帳法に則して請求書を保存する際は、日付、取引金額、取引先という3つの項目で検索できることが求められています。これらを書面から正確にデータ化し、登録することが必要です。



■さくら情報システムの取り組み サービス概要

以下作業をクラウドサービスの電子帳票プラットフォーム「invoiceAgent」とBPOの組み合わせでご支援します。

・紙の請求書の受領、受付およびスキャンの上、電子化。

・あらかじめ電子化されている請求書があればイメージで受領。

・受領した請求書の内容をチェック、電帳法で求められる項目およびお客様のご要望の検索項目をデータ化。(AI OCRでデータ化した場合は適宜補正)

・電子化された文書をクラウドサービスへ保管。


「電子帳簿保存法対応ソリューション」

サービス詳細: https://www.sakura-is.co.jp/solution/ps-000-137.html



■invoiceAgentについて

invoiceAgentは、企業間で流通する帳票の最適化を実現し、ビジネスを加速させる電子帳票プラットフォームです。多種多様な形式で飛び交う帳票を集約することで、それぞれの企業における帳票はそのままに、企業間のコラボレーションを促進。ファミリー製品も豊富にラインナップし、文書管理やAI-OCR、電子契約もinvoiceAgentシリーズで完結。拡張性が高く、複雑化する社内システムとの連携も自由自在です。

https://www.wingarc.com/product/ia/



■ウイングアーク1stからのエンドースメント

電子帳票プラットフォーム「invoiceAgent」とさくら情報システム株式会社様が提供するBPOの新サービスにより、お客様へきめ細やかに、かつワンストップでのご提案が実現することを大変嬉しく思い、歓迎しています。

電子帳簿保存法対応やインボイス制度などの法改正が後押しとなり、経理のデジタル化やDXへのスピードが加速していますが、長年、金融機関システムにおける基盤作りの中で培われてきたさくら情報システム株式会社における深い知見は、会計業務の電子化、ひいては攻めの経営DXへ進化されるものと期待しています。

今後も、さくら情報システム株式会社様および両社パートナー様との連携を拡充し、日本企業のDX推進を支援してまいります。


ウイングアーク1st株式会社

執行役員 営業本部長 森脇 匡紀 様



■さくら情報システムについて

<会社概要>

商号  : さくら情報システム株式会社(オージス総研・三井住友銀行のグループ企業)

本社  : 東京都港区白金1-17-3 NBFプラチナタワー

設立  : 1972年11月29日

URL   : https://www.sakura-is.co.jp

業務内容:

三井住友銀行およびグループ会社の基幹システムを支え、幅広いお客様にハイレベルなサービスを提供してまいりました。豊かな経験から培ったノウハウ、技術、信頼を基に、会計・人事給与・金融・BPO・セキュリティ・システム運用の強みを軸に、今後もお客様の課題解決をトータルにサポートしていきます。


※ 本リリースに記載されている製品名、会社名は各社の商標または登録商標です。

印刷する