印刷する

報道関係者各位
プレスリリース

2022.03.08 09:30
下條開発株式会社

南信州・伊那谷「おおぐて湖キャンプ場」を運営する下條開発株式会社(所在地:長野県下伊那郡下條村睦沢7144)は、おおぐて湖畔に誕生した日本最大級のモンゴル式大型ゲル「COSMOS」にて、新感覚のチルアウト体験サービス「Back to the Nature」を2022年4月1日よりスタートします。

モンゴル式大型ゲル「COSMOS」内観1


●体験料金(完全貸切入替制):

基本料 2,000円+大人1名 1,000円、子供1名 500円

(一回あたりの定員8名程度まで。1名からでも利用可能。所要時間 約30分)



■企画背景とコンテンツ概要

テクノロジーの発達により、私たちの生活は便利になりました。その一方、生活のペースはとても早くなり、多くの情報に常にさらされる社会となりました。そんな社会生活のなか、ふと足を止めて自分の在り方を見つめ直す時間をもつことがいま、幅広い世代に求められています。


「チルアウトできるキャンプ場」として、湖畔や林間でのプライベート感溢れるアウトドア体験を提供してきたおおぐて湖キャンプ場では2022年4月、ご来場のみなさまをさらなるチルアウト時間へといざなうべく、新感覚のサービスをスタートする運びとなりました。


それは、モンゴル式大型ゲル「COSMOS」で実施する「Back to the Nature」。ストレス社会に生きる現代人が、気軽に自然体の自分に気づくための「音と光の時間」として、社会生活のなかで溜まったデフラグを洗い流すようなリラクゼーションの時間を提供します。


プログラムはプライベートな安心感の保たれた、約30分間の完全貸切入替制。ゲル内に用意されたクッションに寝転んで、リラクゼーションを楽しみながら、音と光による没入感のあるチルアウト体験を味わうことができます。


次世代のチルアウト体験を発信する「Back to the Nature」を、ぜひお楽しみください。



■チルアウトとは?

チルアウト(chill out)とは、。日本語に訳すと「落ち着く・冷静になる」の意味。「心を落ち着かせる」「ゆったりと時間を過ごす」といった意味合いで、ここ数年日本でも「チルアウト」という単語と概念が急速に広がりました。活動的なエネルギーの発散ではなく、よりゆったりした時間を過ごしながら、リラックスすることや休むことを重視するという考え方も表しています。



■モンゴル式大型ゲル「COSMOS」施設概要

直径9m、約40畳の日本最大級サイズのモンゴル式大型ゲル「COSMOS」は、柱を持たない仮設移動式大型テントです。断熱材と換気機能付きエアコン、クッションフロア、AC電源とネット環境を完備しており、快適性の高い空間になっています。


DJブースと、設置場所が自由にアレンジ可能な壁掛けKRKスピーカーによる4.1chのサラウンドシステムを備えているほか、Antelope社のマスタークロック制御によって解像度の高い音場を実現しています。また、世界初となる地中埋蔵型のウーファーシステムは、施設外への防音性が高く、スピーカーの上へ立って、地中から鳴り響く重低音の振動を全身で感じることができます。


天窓から放射状に伸びた束と蛇腹状の壁面で構成されたゲルの構造美は、womb(母胎)と例えられ、類稀な居心地の良さ、まさに母体の中にいるような空間を提供しています。また、天中に設置された大型ハンドメイドの有機的なミラーボールが生み出す光の乱舞は、施設名「COSMOS」のコンセプトの象徴する存在となっています。



【施設概要】

施設名 : おおぐて湖キャンプ場 モンゴル式大型ゲル「COSMOS」

所在地 : 長野県下伊那郡下條村睦沢7144

アクセス: 中央道 飯田山本I.Cから車で15分

営業時間: 9:00~20:00

定休日 : 年中無休

URL   : https://www.lake-oogute.club/



■「Back to the Nature」のサービスリリースに合わせ、YouTubeプロモーション動画を公開!!

【Back to the Nature @COSMOS】

https://www.youtube.com/watch?v=1IaqIhxbOMs


東京から長野へ移住し、ローカルプロジェクトに携わる岩井 美咲(通称:みーちゃん)が、おおぐて湖キャンプ場に誕生したモンゴル式大型ゲルCOSMOSの「Back to the Nature」コンテンツを体験。新感覚のアートコンテンツに触れた本人の体験談と合わせてお楽しみ下さい。

印刷する