印刷する

報道関係者各位
プレスリリース

2021.05.25 15:00
JFEシステムズ株式会社

JFEシステムズ株式会社(東証二部:4832、本社:東京都港区、代表取締役社長:西崎 宏、以下 JFEシステムズ)は、日本航空株式会社(東証一部:9201、本社:東京都品川区、代表取締役社長執行役員:赤坂 祐二、以下 JAL)が、旧システムからのデータ移行にRPA(Robotic Process Automation)を活用し、JFEシステムズ製の電子帳票システム「FileVolante(R)(ファイルボランチ)」を導入したことをお知らせします。


JAL様は、旧電子帳票システムの保守期限を契機に、グループ全体(含む海外拠点)で利用する帳票基盤をFileVolante(R)で刷新されました。製品選定に際しては、「ブラウザベースであること」、「海外版OS(英語)でも使用可能なこと」、「旧システムと同等もしくはそれ以上の基本性能を持つこと」、「旧システムからのデータ移行がスムーズに行えること」、「PDFベースであること」などを要件として複数製品を比較検討し、FileVolante(R)を採用されました。


旧システムからの膨大なデータ移行は、JFEシステムズが提供するRPAによる「データ移行支援サービス」を活用しました。定型処理をロボット5台で自動化し、コスト・期間共に当初想定していた人手による作業に比べ、30分の1に大幅縮減。短期間で円滑な移行を実現しました。


◆JAL様 FileVolante(R)導入事例

https://www.jfe-systems.com/technology/jal/jal.html


FileVolante(R)システム概要図


JAL様は現在、メインフレームからオープンシステムへの基幹システム移行の過渡期であり、両方のデータが存在します。FileVolante(R)は、基幹システムに依存しない電子帳票システムとして、会計・販売購買系などの一般的な帳票に加え、航空会社特有の整備情報や運航記録など、2,500種類ものあらゆる業務データの統合型帳票基盤として活用いただいております。


JFEシステムズは、今後もFileVolante(R)の機能向上を図り、お客様の業務効率化と働き方改革を支援してまいります。



【電子帳票システム「FileVolante(R)」について】

https://www.jfe-systems.com/products/filevolante/filevolante.html

「FileVolante(R)」は、JFEシステムズが開発・販売する電子帳票システム「FiBridge(R)II」の技術を継承し、データの長期保存と高速かつ柔軟なデータ検索を実現します。様々な設計ツールが生成するPDFデータの取込みに加え、オフィス文書などファイルサーバで保管されている情報も一元管理できます。



【日本航空株式会社について】

https://www.jal.com/

1951年創業の日本を代表する航空会社です。JALグループでは、国際線・国内線・貨物・郵便といった航空運送事業を中心に多数の事業を展開しており、世界66の国と地域、430の空港を結ぶ、安全で快適な空の旅を提供しています。



【JFEシステムズ株式会社について】

https://www.jfe-systems.com/

鉄鋼業界におけるシステム構築・運用で培った企画・構想力と技術力を活かし、多彩なITサービスをお客様に提供しています。製造業をはじめ、金融・流通などさまざまな分野のお客様に向け、システムインテグレーション、アウトソーシング、パッケージ提供などの事業を展開しています。


・FileVolante(R)は、JFEシステムズ株式会社の登録商標です。

・そのほか記載された会社名および、ロゴ・製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。



◆製品・サービスに関するお問い合わせ

JFEシステムズ株式会社

ソリューション・プロダクト事業本部 プロダクト事業部 営業部

TEL:03-5418-2377


・製品・サービスに関するお問い合わせフォーム

https://f.jfe-systems.com/webapp/form/20206_exdb_38/index.do

印刷する