印刷する

報道関係者各位
プレスリリース

2021.01.13 15:30
株式会社温故知新

株式会社温故知新(所在地:東京都新宿区新宿、代表取締役:松山 知樹)は、日本初のシャンパン・ホテル「Cuvee J2 Hotel Osaka(キュヴェ・ジェイツー・ホテルオオサカ)」(所在地:大阪市中央区南船場、客室数15室)を2021年秋に開業します。客室を、「テタンジェ」や「ジャクソン」など名門生産者と共に造り上げるなど、各造り手の世界観を体感し、シャンパーニュ文化を伝える担い手となるホテルです。

ホテルのオープンに先駆け、2021年2月にシャンパーニュの古酒(オールド・ヴィンテージ)を中心としたECサイト「Tisser by okcs(ティセ・バイ・オックス)」もオープンします。ホテルやECサイトを通じてシャンパーニュ文化を広めるライフスタイルブランドを展開します。


イメージ1

イメージ2


■コンセプト:シャンパーニュ文化の伝え手となるホテル

細かい製造工程を経て完成するシャンパーニュの美しい泡や繊細な味わいは、職人技により造られています。職人の誇りや伝統の伝え手となるホテルとして、複数の名門生産者(シャンパーニュ・メゾン=以下メゾン)と共に各客室を造り上げます。部屋にはメゾンからのメッセージや代表的なシャンパーニュボトル1本など特別なプレゼントをご用意。メゾンの世界観に存分に浸れる滞在空間です。また、全15室に半露天風呂が付いた客室や、鮨とシャンパーニュのマリアージュを堪能できるカウンター10席のレストランを併設します。



■シャンパーニュ業界のパイオニア「山本 一人」氏により実現した日本初のシャンパン・ホテル

「日本にシャンパーニュ文化を造る」活動をしてきた山本氏が自らメゾンとコラボレーションを働きかけ実現しました。また、2021年2月にシャンパーニュの“古酒”を中心とした、コレクターズショップ「Tisser by okcs」をオープンすることで、稀少な銘柄をご自宅でも楽しめる新しいシャンパーニュ文化を広めてまいります。



■Cuvee J2 Hotel Osaka 特徴

シャンパーニュ・メゾンと共に造る客室「Cuvee Room(キュヴェ ルーム)」

ホテルは14階建て、客室は全15室、半露天風呂付き。7~14階はワンフロア1室のみの贅沢な作りです。

14階のペントハウスは、映画「007」にも登場しジェームズ・ボンドが愛した「ボランジェ」とのコラボルーム。

その他のフロアも、様々な生産者のシャンパーニュの世界をお愉しみ頂けます。


Cuvee Room


レストラン「AWA SUSHI」鮨×シャンパーニュのマリアージュ

鮨とシャンパーニュが相互に旨味を引き立て合う、マリアージュを味わえるレストランを併設。カウンター10席のみ完全予約制。宿泊者以外も利用可能です。


レストラン「AWA SUSHI」


■「日本にシャンパーニュ文化を造る」業界のパイオニア「山本 一人」氏プロデュース

「20代の頃にシャンパーニュと出会い、味わいの繊細さや造り手の情熱に魅了され、シャンパーニュ文化を日本に広めたいという思いで活動開始。黄金に煌めく泡の先には、私たちを惹き付けてやまないメゾン(生産者)のドラマがあります。『ホテル』という寛ぎの場所を通して、各メゾンの世界観やシャンパーニュの美味しさ、魅力を届けます。」


プロデューサー 山本 一人:J.S.A.認定シニアソムリエ

大阪・北新地に2007年「ラ・シャンパーニュ」、2010年「ビストロ・シャンパーニュ」、その後、東京・西麻布にシャンパーニュ専門店をオープン。

2012年にシャンパーニュ騎士団オフィシエを叙任。2012年「リヤン・ドール・ドゥ・シャンパーニュ」を発足、現会長。2018年ブジィ村、2019年ル・メニル・シュール・オジェ村のシュヴァリエを叙任。


山本 一人氏



■世界的建築家「小川 晋一」氏が手掛ける、美しく研ぎ澄まされた空間

小川氏の生み出したミニマルデザインな空間を、個性豊かなシャンパーニュ・メゾンが彩りを添え、それぞれのストーリーを描きます。


建築家 小川 晋一:1955年生まれ。日本大学芸術学部卒業。ワシントン州立大学建築学科留学。文化庁派遣芸術家在外研修員/在ニューヨーク。ポール・ルドルフ事務所及びアルキテクトニカ(ニューヨーク)所属。第19回ミラノ・トリエンナーレ日本館、2001年ロンドン「Japan Year 2001」日本の建築家16人展出展。2014年バルセロナ「Spain Japan Year 2014」日本の建築家10人展出展。2007年米国カルバン・クライン社、ファッションと建築のコラボレーション「The HOUSE」建設。近畿大学工学部建築学科教授。英国エジンバラ芸術大学客員教授。


小川 晋一氏



■Cuvee J2 Hotel Osaka 施設概要

施設名  : Cuvee J2 Hotel Osaka

フリガナ : キュヴェ・ジェイツー・ホテルオオサカ

開業日  : 2021年秋予定

所在地  : 大阪市中央区南船場2丁目

アクセス : 長堀橋駅(長堀鶴見緑地線、堺筋線)から徒歩3分

敷地面積 : 156.08m2

階数   : 地上14階

部屋数  : 15室(3階1室、4~6階各2室、7~14階各1室)

       ※広さ23.81m2~56.30m2 ※全室半露天風呂付

料金   : 2名1室利用時一人あたり1泊2食付 40,000円~

       (サービス料込、消費税・宿泊税別)

URL   : https://www.cuveej2.com

Instagram: https://www.instagram.com/cuvee_j2/

Twitter : https://twitter.com/cuveej2 (@CuveeJ2)


イメージ3

フロント イメージ

客室 イメージ

外観 イメージ


■株式会社温故知新について

「地域の多様性の承継発展、そして豊かな未来の実現」をビジョンにホテル、旅館の運営・プロデュース

・コンサルティング企業として2011年2月に創業。「宿を磨き続ける集団」をミッションに、「宿は地域の魅力を発見するショーケース」とし、地域の活性化に貢献しています。創業10年目となる2020年2月に、自社ホテルブランド「okcs(オックス)」を設立。クリエイティビティとユニークな発想で、地域の魅力となる光を見つけ、確かな形にして国内外の皆様にお届けします。


社名   : 株式会社温故知新(カブシキガイシャ オンコチシン)

代表取締役: 松山 知樹(マツヤマ トモキ)

本社所在地: 東京都新宿区新宿5-15-14 INBOUND LEAGUE 502号室

設立年  : 2011年2月1日

資本金  : 46,075千円

従業員数 : 約140人

事業内容 : ホテル・旅館の運営、及びコンサルティング

URL    : https://okcs.co.jp/

印刷する