健康ビッグデータから健康経営を可視化する新サービス、「Car...

健康ビッグデータから健康経営を可視化する新サービス、「Carely Place」の提供を開始

〜健康課題の発見から効果検証までを実践し、手応えのある健康経営をサポート〜

健康管理システム「Carely」を開発・提供する株式会社iCARE(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:山田洋太)は、データ分析から企業の健康課題を見える化し、最適なソリューション提案から効果検証までを行う新サービス「Carely Place」の提供を開始します。
これまで効果測定がしづらかった健康施策のPDCAを回し、手応えのある健康経営をサポートします。

健康経営の実態と課題

経済産業省が定義する「健康経営」とは、『従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践すること』と明記されています。しかし、企業の健康管理は未だ紙やアナログ作業が主流であり、データ活用やテレワーク対策がなされていません。また企業向けの健康支援サービスは飽和状態であり、自社の健康課題を把握しないままサービスの導入だけが進んでいる企業も多くあります。このままでは、効果の見える化や健康投資の有効性を測ることができません。

また、ホワイト500を代表とする「健康経営優良法人」の認定では、今年度より評価基準が追加され、健康課題の把握から目標策定、効果検証までを実施するといった、計画的にPDCAを回すことが重要視されています。

健康経営プラットフォーム「Carely Place」の概要

健康管理システム「Carely」では、健康診断・ストレスチェック・長時間労働管理の結果をひとつのシステムで一元管理することで、健康リスクの高い従業員を自動で抽出することができます。それにより、従業員単位、部署単位、企業単位での健康課題の見える化が可能となります。
Carelyには、2020年9月現在で11万アカウントを超える健康データが蓄積されています。新サービス「Carely Place」ではこのビッグデータの解析から健康課題の可視化を行った上で、健康経営アドバイザーが企業に適したソリューションをご提案します。
企業課題に対してダイレクトに施策を実行することで、効果的な健康経営を実践することができます。

「Carely Place」提案ソリューション詳細

Carely Placeでは、運動・睡眠・メンタルヘルスの3領域に特化した計7社と業務提携契約を締結し、健康課題の改善および効果検証をサポートしてまいります。今後は健康データ解析をさらに進め、改善領域と提携企業を順次拡大していく予定です。

-提携企業-

■運動領域(3社)
株式会社MTG
株式会社トゥエンティーフォーセブン
株式会社ナビタイムジャパン

■睡眠領域(2社)
株式会社スリープテクネ
株式会社フィリップス・ジャパン

■メンタルヘルス領域(2社)
株式会社インソース
株式会社Melon

新サービス「Carely Place」に込めた想い

これまで500社以上の健康管理体制の立ち上げに携わり、新サービスの事業部長を務める中野が、「Carely Place」で実現していきたいビジョンをブログにまとめました。
【株式会社iCAREについて】
現役の産業医が代表を務める法人向けヘルスケアサービスを提供する会社です。『カンパニーケアの常識を変える』をミッションに掲げ、複雑で煩雑な健康管理業務をシンプルでカジュアルに変えるクラウドサービス「Carely」の開発・運営を行っています。

【Carelyについて】
従業員の健康を守る労務管理を効率化するクラウドサービスです。バラバラに保管されている健康診断やストレスチェック、過重労働、面談記録などの健康情報をクラウドで一元管理し、人事労務担当者の業務効率化と健康管理の法令遵守を両立します。
取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。