女性らしいラインを求めるならシリコンやヒアルロン酸は不向き

女性らしいラインを求めるならシリコンやヒアルロン酸は不向き

性同一性障害の方からの、豊胸術に関する問い合わせが増えてきています。
「心の性別に合致した外見になりたい」というのは至極当然のことです。カウンセリングをすると、これまでのつらかった胸の内を話し、涙する人もいます。
しかし、性転換の一つとして豊胸術を行う場合、施術方法の選択を誤ると、思ったような形や大きさが得られなかったり、施術の痛みで苦しむ事態を招いたりします。そのためは、女性の体のしくみやホルモンについての知識を持ち、適切な方法を選ぶ必要があります。
今回は、性転換として「理想の豊胸術」を追求していきます。

主流の豊胸術ではうまくいかない

取材依頼・商品に対するお問い合わせに関しては
プレスリリース内にございます企業・団体に直接ご連絡ください。