豊胸手術は時間がかかる?忙しい人に向いている最先端の豊胸術と...

豊胸手術は時間がかかる?忙しい人に向いている最先端の豊胸術とは?

美しさは手に入れたいけれど、仕事やプライベートの予定が詰まっていて、まとまった時間を取りにくい……。そんな人たちのために、最近は「プチ整形」と呼ばれる、簡単な美容クリニックの施術が増えてきました。
顔にヒアルロン酸を注入してふっくら若返らせる、シワを目立たなくするためにボトックスを注射する、といった施術は、料金が手ごろなだけでなく、施術時間やダウンタイムが少ない点もメリットとなり、各クリニックでも人気になっています。
ただし、こうした手軽な施術は「一時しのぎ」であることを忘れてはいけません。簡易的なものであればあるほど、効果の継続は短く、結局は何度も施術を受けなければ美しさを保つことはできません。
豊胸術でも同様で、施術時間が短くダウンタイムが少ないものは、美しいバストを維持できる期間に限りがあるというのが、これまでの常識でした。美しさを長持ちさせるには、メスを使う手術を行うとか、施術のために事前通院が必要になるなど、時間的にも体力的にもある程度の犠牲をはらう必要があったのです。
その常識を覆す、豊胸術が誕生しました。
事前準備の必要なく、施術は短時間、ダウンタイムもほとんどない、それにも関わらず「永遠に保つ」豊胸術です。
その名は「成長再生豊胸」。ネーミングからも分かる通り、「バストを成長させる」というまったく新しいコンセプトの豊胸術です。
仕事や家事の合間の1時間程度で十分施術が受けられます。しかも、豊胸効果は「永遠」。これまでの手軽な豊胸術、ヒアルロン酸注入法のように、バストのボリュームが消えてなくなることはありません。
今回は、これまでの豊胸術と成長再生豊胸の違いを、時間的な観点から比較していきます。

カウンセリング当日にも施術できる「成長再生豊胸」

「豊胸術=手術」というのが、これまでの一般的な認識でした。
確かに、全身麻酔や硬膜外麻酔を施し、半日程度かけて行うこれまでの豊胸術は、時間的な問題はもちろん、術後の体の回復にも時間のかかるものでした。
しかし、最新の豊胸術である「成長再生豊胸」は、カウンセリング当日でも、予約さえしてあれば施術が可能です。仕事帰りや、ショッピングの合間でも施術可能。受付から会計まで含めても、1時間あれば十分です。
ですから、忙しい女性にはもっとも適した豊胸術と明言できます。
一日で施術が終わる豊胸術には「ヒアルロン酸注入法」もありますが、ヒアルロン酸は一時的な豊胸で、自分のバストの中身として永遠に残ってはくれないので注意してください。

術後ケアが手軽なのは、「自分のバストを成長させる」から

上記の表を見てもらうとわかる通り、成長再生豊胸は、術後のケアが他の豊胸術と比べて圧倒的にラクであり、気をつかわなくてすみます。施術当日からシャワーを浴びることができますし、翌日からはバスタブにつかることも可能です。働く女性にとっても、子育て中のママにとっても、入浴は欠かせない生活の一部です。豊胸術によって、シャワーを制限されないというのは画期的とも言えるでしょう。
それにしても、なぜ、成長再生豊胸は術後のケアがこれほどまでにラクなのでしょうか。
それは、成長再生豊胸が、何かを入れて盛り上げる豊胸術ではないからです。
注射液の中身は、バストが成長するための「成長因子」です。患者さん自身のバスト内にある、脂肪細胞や乳腺が、成長因子の働きかけによって活性化し、細胞の数を増やしていくのです。
自分のバストであるからこそ、特別なケアは不要なのです。唯一、お願いしたいことは、これまでよりもブラジャーのサイズをあげてもらうこと。徐々に大きくなっていくバストに合わせて、バストを十分に包み、支えられるブラジャーを用意しておきましょう。

取材依頼・商品に対するお問い合わせに関しては
プレスリリース内にございます企業・団体に直接ご連絡ください。