「自身のバストを成長させていく」成長再生豊胸の魅力とは?

「自身のバストを成長させていく」成長再生豊胸の魅力とは?

新しい豊胸術として注目を集めている成長再生豊胸。その名のとおり自身のバストを成長させてバストアップする画期的な治療方法です。まだまだ豊胸術としては知名度が高くないため「ほかの豊胸術と比べてなにがいいのか分からない」「成長再生豊胸ってなに?」とおっしゃる方も多いでしょう。ここでは成長再生豊胸のしくみやその魅力について詳しくお話ししていきます。

「足りないところには、代わりになにかを入れて、盛り上げる」が豊胸の基本

まずは成長再生豊胸と従来の豊胸術の違いを考えてみましょう。 クリニックによって治療方法の名前が変わることもありますが、現在行われている豊胸術は大きく分けて以下の3つになります。
・シリコンバッグ挿入法
・ヒアルロン酸注入法
・脂肪注入法
いずれの方法も「ボリュームの足りないところになにかを入れて盛り上げる」という原理でバストアップします。
シリコンバッグ注入法はジェル状になったシリコンが入った袋(バッグ)を手術で挿入する方法。ヒアルロン酸注入法は吸収されにくいタイプのヒアルロン酸を注射で注入する方法です。ヒアルロン酸のほかにアクアフィリングなどジェル状の充てん剤を注入する治療を行っているクリニックもあります。これらの治療はすべて体に異物が入ることになります。
脂肪注入法は患者さんご自身の脂肪を吸引して、バストに注入します。自分の組織なので異物を入れたときに起こりやすいアレルギー等のトラブルは少ないです。これらのトラブルを避けられるという点で心理的負担が少ない方法といえるでしょう。とはいえ、脂肪注入法もなにかを入れて盛り上げるという点では、ほかの2つの方法と変わりませんね。
でも、
「なにかを入れる以外にバストを大きくする方法なんてあるの?」
「成長期を過ぎたら、バストが自然に大きくなることなんてありえない」
と考える方が多いのではないでしょうか。成長再生豊胸はこうした患者さんの声に応えるために誕生した豊胸術なのです。

バスト自体を成長させる成長再生豊胸の原理

バストは母乳を作る「乳腺」という組織と脂肪で構成されています。ふっくらとしたバストになるためには「乳腺が発達していること」「適度な脂肪がついていること」、この2つの条件をクリアしなければなりません。
成長再生豊胸では、乳腺を発達させる成長因子と脂肪を増殖させる成長因子をバストに注射で注入します。こうして乳腺と皮下脂肪が成長し、思春期に自然とバストが大きくなるときのプロセスをたどることでバストアップする、それが成長再生豊胸の原理です。
自然な成長に似た形のバストアップを目的としているため、注入後すぐにバストアップするわけではありません。効果を実感できるまでの目安は3ヶ月程度。希望するサイズにバストアップするまでには複数回注入が必要な場合もあります。
なお、成長因子の注入のほかに即効性を高めるために注入液を改善し、ホルモン注射を行う「成長再生豊胸F」という治療方法もあります。
思春期や授乳期のようにバストが大きくなるタイミングでは女性ホルモンの分泌量が増え、成長因子が働くきっかけになります。この作用をホルモン注射によって再現し即効性とバストアップ効果を高めるというわけです。成長再生豊胸Fはできるだけ早くバストアップしたいという方にはおすすめの方法です。

そのほかの術式にない成長再生豊胸だけがもつメリット

成長再生豊胸は注射で行うためメスを入れる必要がありません。胸を大きくしたいけれど手術をするのは怖いという方に適した方法ですが、注射だけでできるという点はヒアルロン酸注射も同じですよね。では、ほかの術式にはない成長再生豊胸だけが持つメリットはあるのでしょうか。

取材依頼・商品に対するお問い合わせに関しては
プレスリリース内にございます企業・団体に直接ご連絡ください。