「Poltrona Frau Exhibition at Kiton Ginza」がキートン 銀座店で9月13日(金)より開催

イタリアを代表するブランドキートンとポルトローナ・フラウのコラボレーションによる家具のエキシビションが実現

東京・銀座の東急プラザ銀座 1階のキートン 銀座店。
東京・銀座の東急プラザ銀座 1階のキートン 銀座店。
イタリアを代表するファッションブランドKiton(キートン)と、イタリアの至高の家具ブランドPortlona Frau(ポルトローナ・フラウ)がコラボレーションした展示イベントがキートン 銀座店で開催されます。最高品質の素材と熟練した職人たちの卓越した技術で「世界一美しい服」を目指すというキートンと、同じく、柔らかさと丈夫さを兼ね備えた最高級レザー「ペレ・フラウ」を用い彫刻のような構築的なデザインの至高のインテリアを追求し続けるポルトローナ・フラウ。ともに伝統と熟練した職人技を誇りながらも、常に新しさを追求し続ける二つのブランドがコラボレーションした展示となります。キートン 銀座店のインテリアは、イタリアを代表する工業デザイナー、Michele De Lucchi (ミケーレ・デ・ルッキ)氏監修であり、同氏がプロダクトデザインをポルトローナ・フラウで手掛けていることから、今回の展示イベントが開催されることとなりました。
今回の「Poltrona Frau Exhibition at Kiton Ginza」で展示されるミケーレ・デ・ルッキ氏のデザインによるソファー「Orione(オリオーネ)」は、イタリアではすでに製造終了となっており、日本国内でも製品としてご覧いただける最後の稀少な1本となります。そのほかにも、リチャード・ジノリ社でアートディレクターを務めたほか、建築・デザイン誌「ドムス」を創刊し、初代編集長もつとめ、戦後のイタリアデザイン界を牽引した偉業から「イタリア建築・デザインの父」と称されるデザイナーGio Ponti(ジオ・ポンティ)氏の代表作「Dezza(デッザ)」なども展示されます。同氏は今回の展覧会会期中の9月16日に没後40周年を迎えます。ポルトローナ・フラウの歴史を象徴するデザイナーの作品が一堂に展示され、インテリア好きには必見の展示となっています。
【「Poltrona Frau Exhibition at Kiton Ginza」 開催概要】
 会期: 2019年9月13日(金)~10月1日(火)
 会場: キートン 銀座店
  東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座 1F 
     Tel, 03-3573-6053
 営業時間: 11:00~21:00
キートン 銀座店のインテリアを監修し、Poltrona Frauでプロダクトデザインを手掛けるイタリアを代表する建築家、プロダクトデザイナーであるミケーレ・デ・ルッキ –氏のデザインによるOrione(オリオーネー)はスチールの脚部が軽さを表現するソファー。イタリアでは製造を終了しており、日本でご覧いただける最後の1本。
キートン 銀座店のインテリアを監修し、Poltrona Frauでプロダクトデザインを手掛けるイタリアを代表する建築家、プロダクトデザイナーであるミケーレ・デ・ルッキ –氏のデザインによるOrione(オリオーネー)はスチールの脚部が軽さを表現するソファー。イタリアでは製造を終了しており、日本でご覧いただける最後の1本。
ジオ ポンティ氏によって1965年にデザインされたDezza(デッザ)は、当時の名残として今でも使用されている側面のボタンの様な金具が特徴的。
ジオ ポンティ氏によって1965年にデザインされたDezza(デッザ)は、当時の名残として今でも使用されている側面のボタンの様な金具が特徴的。
ロベルト ラッツェロォーニ氏のデザインによるNivola(ニヴォラ)はコンパクト且つ上品な佇まいで、住宅・店舗問わず幅広く愛されています。
ロベルト ラッツェロォーニ氏のデザインによるNivola(ニヴォラ)はコンパクト且つ上品な佇まいで、住宅・店舗問わず幅広く愛されています。
会場となるキートン 銀座店のシェルフには、ファニチャー以外にもポルトローナ・フラウの雑貨類も展示され、その場で購入することも可能。
会場となるキートン 銀座店のシェルフには、ファニチャー以外にもポルトローナ・フラウの雑貨類も展示され、その場で購入することも可能。
2018年3月にオープンしたポルトローナ・フラウ東京青山。ミケーレ・デ・ルッキの作品の他、歴代のモデルやインテリアアクセサリーが展示されます。
2018年3月にオープンしたポルトローナ・フラウ東京青山。ミケーレ・デ・ルッキの作品の他、歴代のモデルやインテリアアクセサリーが展示されます。
キートンとは
Kitonはイタリアの優れたオートクチュールを代表するブランドです。1968年にナポリのCiro Paone(チロ・パオーネ)によって設立されたキートンは、「ベスト・オブ・ベスト・プラス1」というスローガンのもと、卓越した役割を果たしてきました。エレガントな衣服への愛と情熱、ハンドメイドの衣服を創作する意欲とが融合され、ナポリのオーダーメイドの仕立てに革新的な工夫が加えられました。イタリアに5つの製造拠点を構え、約800人の従業員の半分以上が職人であるKitonは、73の市場への進出と53の専門店の存在によりその地位を固め、着実に成長を続けています。
ポルトローナ・フラウとは
1912年にイタリアのトリノで創業したポルトローナ・フラウ社。職人の手によりつくられる上質な家具はイタリア中に知れ渡り、1926年にイタリア王室に御用達の指名を受けました。それ以来、ステイタスシンボルとしての地位を確立しています。
ポルトローナ・フラウ社には、バニティフェアやチェスターに代表される伝統的なヒストリカルコレクションと、ジオ・ポンティやピエール・ルイジ・チェッリ、ジャン・マリー・マソーといった著名なデザイナーや建築家による最新のモダンコレクションがあります。伝統を大切にしながらも、新しいものへ挑戦する。こうした姿勢からも幅広い人々の支持を集めています。
ミケーレ・デ・ルッキとは
ミケーレ・デ・ルッキはイタリアフェッラーラ出身の建築家、プロダクトデザイナー。フィレンツェ大学建築学科卒業後、スタジオアルキミアにて実践でデザインを学ぶ。その後は倉俣史朗 、ハビエル·マリスカル 、カリム·ラシッド 等と共に伝説のインテリアブランド「メンフィスミラノ」のデザイナーとして活躍。1984年にはミラノに自身のスタジオ・デ・ルッキを設立し、様々な製品のデザイン開発に関わっている。
報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「193528」を
担当にお伝えください。