仮想通貨取引所「Mr. Ripple」、システムを全面刷新  「Mr. Exchange」へ名称変更

株式会社ミスターエクスチェンジ(旧株式会社Crypted Vault、本社:福岡市博多区、代表取締役:川畑 裕介)は、仮想通貨取引所(以下、取引所)「Mr. Ripple」のシステムを全面的に刷新し、「Mr. Exchange(ミスターエクスチェンジ)」と名称変更し、2017年9月15日、サービスの提供開始を予定しています。


Mr. Exchange URL: https://mr.exchange


サービスTOPページ


Mr. Exchangeは、外部のウォレット(※1)を安全に一元管理できるほか、合計50以上の通貨ペアを取り扱う国内発最大級(※2)の取引所です。1年後には、利用者数は10万人、月間取引高750億円を目指します。


※1 仮想通貨を保管する財布のこと。

※2 「当社調べ(2017年9月5日時点)」



▼「Mr. Wallet」複数のウォレットや通貨を一元管理できるマルチウォレットシステム

現在、国内で運営されている取引所では、そこに開設されたアカウントで仮想通貨の売買を行うことが一般的でした。Mr. Exchangeではその他にも、サービス内で自身のウォレット(以下、ネイティブウォレット)を生成できるほか、ユーザー様が所有している外部のウォレットを、自身のアカウントに紐付け、1つの画面内で一元管理できるようになりました。



▼機能/特徴

- カスタマイズできる強固なセキュリティ

 異なる2つの認証方式(TOTPとHOTP)(※)による多段階認証を採用しています。数字の桁数のほか更新時間をカスタマイズすることで、より安全性の高い環境で利用可能です。

※TOTP:現在の時刻をもとにワンタイムパスワードを生成する仕様。

※HOTP:今までのパスワード生成回数と秘密鍵を元に次のワンタイムパスワードを生成する仕様。


- アドレス帳登録が可能

 友人や他の取引先のアドレス情報を登録することができます。

- チュートリアル

 初心者の方にも簡単に利用できるよう、各画面にチュートリアルボタンを設置しています。

- サポート掲示板

 直接運営にお問い合わせいただけるサポート用の掲示板機能を設置しています。



▼Mr. Rippleをご利用中のお客様へのお知らせ

Mr. Exchangeアカウントへの移行後、追加の本人確認が完了するまでの間、法定通貨を含む全ての通貨の出金に制限がかかります。なお、Mr. Rippleアカウントについては、Mr. Exchangeへのアカウント移行手続きを開始するまでの間、通常通り出金いただけます。

Mr. Rippleアカウントの移行サービスは、2017年9月末までの提供を予定しておりますが、期間に関しては告知なしに変更される可能性がございます。また、Mr. Rippleで本人確認が完了していない、または Mr. Exchangeの利用を希望されないお客様については、移行手続きを行う必要はございません。



▼取り扱い通貨

リリース時点ではJPY以外で13通貨を取り扱います。

<取り扱い通貨一覧>

BTC(Bitcoin)

LTC(Litecoin)

ETH(Ethereum)

ETC(Ethereum Classic)

DOGE(Dogecoin)

XRP(Ripple)

REP(Augur)

BCC(Bitcoin Cash)

XLM(Lumens(Stellar))

ZEC(Zcash)

XMR(Monero)

DCT(DECENT)

USD(Tether USD)



▼通貨の組み合わせ

上記通貨に対して4つの通貨による合計50以上の通貨ペアでトレードすることができます。


利用者管理画面

トレード画面



【運営会社概要】

会社名 : 株式会社ミスターエクスチェンジ

取引所名: Mr. Exchange

対応言語: 日本語、英語

URL   : https://mr.exchange

資本金 : 1,000万円

従業員数: 16名

設立年月: 2014年7月1日

代表  : 代表取締役兼CEO 川畑 裕介

事業内容: 価値を持つ電磁的記録の保管、交換、流通の促進事業

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報