「PHOTONEXT2016」富士フイルムブースのご案内

今年のテーマは写真ライフを“極める”。

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)と富士フイルムイメージングシステムズ株式会社(社長:西村 亨)は、6月21日(火)・22日(水)にパシフィコ横浜で開催される、株式会社プロメディアとフォトイメージング関連3団体(写真感光材料工業会、日本フォトイメージング協会、日本写真映像用品工業会)主催の「PHOTONEXT2016」に下記内容で出展いたします。

PHOTO NEXT2016
PHOTO NEXT2016

◆詳細はWebページよりご覧下さい。
  ⇒ http://fujifilm.jp/information/articlead_0410.html?link=atp

[出展テーマ]
今年のテーマは写真ライフを“極める”。
富士フイルムは、写真需要に大きな影響を及ぼす「スマホユーザー」と、写真を趣味として楽しむ「写真趣味層」をターゲットとして、写真を「撮る」・「残す」・「飾る」・「贈る」の4つの用途を“極め“、新しい写真の楽しみ方を提案し、写真需要創造に繋げるビジネス提案をいたします。また、スタジオ・写真館さま向けには、講師によるセミナーや新製品を中心としたデジタルデザインアルバムなど、ビジネス拡大につながる提案をご紹介いたします。
プリントビジネスに関わるさまざまなお客さまに、新たなビジネスチャンスを獲得いただけるよう、当社独自の商品・サービスを提案し続けていきます。
[展示概要]
1.スマホ時代のプリントビジネスご提案エリア
富士フイルムが提供するトータルプリントソリューションで、明日から始められるスマホ時代に合ったプリントビジネスを、写真店さまやこれからプリントビジネスを考えておられる皆さまへご提案いたします。
(1)売り場提案
店頭受付ソリューション「Wonder Print Station」によるプリントビジネスの広がりを「撮る」「残す」「飾る」「贈る」の切り口で「スマホユーザー向けお店作り」と「写真趣味層向けお店作り」の2つの売り場をご紹介します。今回は特に「飾る」にフォーカスし「飾る」に関連した商材やお店作りを提案いたします。
(2)店頭プリントソリューション提案
お店プリント機器として最高画質の銀写真プリント出力のデジタルミニラボ「LP5500R」、ご好評のインクジェットミニラボ「DL650 PRO」、低投資・省スペースで多彩なサービス展開できる小型インクジェットプリンター「フロンティア-S」、「Wonder Print Station」ソフトを搭載したデジタルセルフプリントシステム「プリンチャオW」などを展示します。また、当社独自の画像解析技術「Image Organizer」を盛り込んだ「スクールフォトシステム」やマイナンバー需要をサポートする「証明写真ビジネス」をご提案いたします。
2.スタジオ・写真館向け撮影ソリューションエリア
銀写真ならではの高画質デジタルデザインアルバムの展示のほか、撮影ビジネス拡大に役立つ商品をご紹介いたします。また、スタジオ・写真館さまへの誘客につながる取組みについてのセミナーを実施いたします。
●デジタルデザインアルバムでは、ユーザーの要望に応じて製本方法・サイズ・表紙種を自由にカスタマイズできるデザインアルバム「EXシリーズ」の新製品を中心にご紹介いたします。また人気の「超光沢3面台紙アルバム」に高級感のある台紙を使った「プレミアムグレード」の新ラインナップを充実させることで、スタジオ・写真館さまのビジネスにプラスになるご提案いたします。
●オシャレでユーザーが購入しやすい価格の“飾る新商品”を展示し、データ販売だけでなく「プリントによるプラスαの売上アップ」をご提案いたします。

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「105583」を
担当にお伝えください。

  • 会社情報