2013.05.22 10:30

昆虫系パスタ誕生!バッタをふんだんに使用した罰ゲーム系?健康系?  “イナゴのペペロンチーノ”を5月29日販売開始

株式会社パストディオ

印刷する

生パスタブーム火付け役の自家製・生パスタ専門店であるイタリアンレストラン『生パスタバカの店・赤坂パストディオ』(赤坂)、安くて大盛りの生パスタを楽しめる『生パスタモンスター』(プランタン銀座)、イタリアン&スペイン料理をリーズナブルに提供し、禁断のお酒「アブセント(アブサン)」が飲める『カフェ&バー リストランテ アブセント』(錦糸町)、パストディオ通販部(通信販売)を経営する株式会社パストディオは、この度、錦糸町の『カフェ&バー リストランテ アブセント』にてバッタの生パスタ“イナゴのペペロンチーノ”を5月29日より販売いたします。

イナゴのペペロンチーノ
イナゴのペペロンチーノ



【バッタの生パスタ】
メニュー名:イナゴのペペロンチーノ
価格   :1,200円
販売開始日:5月29日(水)

画像: http://www.atpress.ne.jp/releases/35619/1_1.jpg
※虫嫌いな方はご注意ください。

“バッタを食べる”と聞くと、罰ゲームのようなイメージをもたれるかもしれませんが、新メニューの生パスタは、バッタ類である“イナゴ”を“進化型ペペロンチーノ”に組み合わせています。

強烈なインパクトのある見た目ですが、イナゴはタンパク質、カルシウム、ビタミンAが豊富で、戦時中の栄養不足を補う為に食べられてきた食材です。また、サクサクの食感や味付けもクセになります。
イナゴと組み合わせたのは、パストディオ・オリジナルとして、通常であるアーリオ・オーリオのようなペペロンチーノとはまったく違い、スープのように飲めるオリーブオイルとして進化したペペロンチーノです。


【カフェ&バー リストランテ アブセント 店舗概要】
所在地 : 〒130-0022 東京都墨田区江東橋3-5-7 ソシアルビル1F
電話  : 03-6659-5875
アクセス: JR総武線・錦糸町駅、東京メトロ半蔵門線・錦糸町駅より徒歩3分
URL   : http://www.absente.co.jp/
営業時間: 11:30~5:00(日、祝のみ21:00迄)
担当  : ケイチョウ、キクヤ


【パストディオ話題のメニュー】
1) 業界初の驚き!最強チーズ生パスタ
  連日完売で話題沸騰!5種チーズが山盛りのチーズマニア必見の「天使のカルボナーラ」
2) 生パスタでスイーツ!?(チョコパスタ)
  主食とデザートが一緒に楽しめる!?衝撃的な生パスタが誕生!?
3) 日本で一番!常識破りのカルボナーラ
  3日間コトコト煮込んで、手間暇かけた極上カルボナーラ
  どこにもない!年間1万食を超える不動の人気メニュー
4) 幻のマジック・デザート
  白い雲にエスプレッソを上からかけると、雲が消えてバニラアイスが登場!?
5) 1万匹の魚が入ったパスタ
  1日分のカルシウムが摂取できる生パスタ
6) 数々の裏メニュー
  生パスタカクテル(火を付けて食べるお酒の入ったパスタ)、餃子パスタ、お茶漬けパスタなど


【店舗の紹介】
パストディオは、テレビでもお馴染の有名シェフ・柏原 敬一が総料理長を務め、“パスタの神様”高橋 圭夫氏に生パスタ作りを伝承した、イタリア法律基準を遵守した生パスタを売りにしている「生パスタブームの火付け役の店」です。
パストディオの生パスタは、「乾麺では、絶対に出せない味わい!」、「生パスタってこんなに美味しかった?」と言われる程、他では味わえない自家製生パスタです。店内で製麺しているため、作りたてをお楽しみいただけます。

赤坂、錦糸町ともに、落ち着いた店内なので、通常のお食事はもちろん、カップルのデートスポットとしてご利用いただけます。また、安心のお手頃価格でボトルワイン、本格イタリアン、生パスタをご用意しており、40種類以上のボトルワインを一律1,980円にて提供しています。
株式会社パストディオの全店舗で、6歳(未就学児)迄のお子様に生パスタ、ドリンク、デザートの無料サービスも実施中。お子様連れのお母様方に喜ばれています。


【パストディオ経営店舗】
生パスタバカの店・赤坂パストディオ
東京都港区赤坂2-14-28 鳳月堂ビルB1F
http://www.akasaka-pastodio.jp

生パスタモンスター
東京都中央区銀座3-2-1 プランタン銀座B2F
http://www.printemps-ginza.co.jp/restaurant/monster/index.html

パストディオ通販部
http://npbaka.com/

印刷する

カテゴリ
商品
ジャンル
フード・飲食
報道関係者向けお問い合わせ先

@Press運営事務局までご連絡ください。ご連絡先をお伝えいたします。
お問い合わせの際はリリース番号「35619」を担当にお伝えください。

  • お電話でのご相談はこちら 03-5363-4870 @Press運営事務局 平日9:30~18:00
  • Webからのご相談はこちら
    お問い合わせフォームへ
  • プレスリリースを発信したい
  • プレスリリースを受信したい