ECサイト向け購買行動解析・販促サービス『ZenClerk』...|

ECサイト向け購買行動解析・販促サービス『ZenClerk』、 日本初の在庫処分キャンペーン機能「StockClerk」を公開

2015.01.16 11:00

株式会社DoBoken(読み:ドゥーボウケン、本社:東京都港区、共同代表取締役:音田 康一郎、桑山 礎)は、同社が提供するECサイト向け購買行動解析・販促サービス『ZenClerk(読み:ゼンクラーク)』の基本機能に、在庫処分キャンペーン機能「StockClerk(読み:ストッククラーク)」を追加、1月下旬より提供を開始します。

「StockClerk」サービスイメージ
「StockClerk」サービスイメージ

URL: http://www.zenclerk.com/


■開発の背景
当社はECサイト向け購買行動解析・販促サービス『ZenClerk』の提供を通じ、ECサイト運営者様から様々な現場の「悩み」「生の声」を伺ってまいりました。多くの担当者が共通して頭を抱えることの一つに、「在庫処分キャンペーン」があるということがわかり、今回の新機能を開発する運びとなりました。


■在庫処分キャンペーン機能「StockClerk」とは
人工知能と機械学習の応用技術を利用した、購買行動解析・販促サービス『ZenClerk』は、ショッピングサイトで購入検討中のユーザーだけに対し、最適なタイミングでクーポンを表示、購入を促進するサービスです。今回公開された在庫処分キャンペーン機能「StockClerk」は、「動かない在庫を、70%オフなどのクリアランスセールに投入される前に、低割引率で処分したいという運営者のニーズ」に応えます。通常は大幅値下げ対象となる商品を、適切な価格で販売し、適切な利益を残しながら確実な在庫消化につなげます。同時に、サイトユーザーの煩わしさにつながる広告の乱発や、ショッピングサイトの「投げ売り」イメージによるブランド毀損を回避します。


■在庫処分キャンペーン機能「StockClerk」の効果
「StockClerk」が2014年11月から大手ECサイトで実施中のトライアル調査では、在庫処分対象商品の「購入に至るコンバージョンレート(CVR)」が「在庫処分キャンペーン機能」を利用しない場合と比較して最大170%以上向上、高い効果が確認されています。

DoBokenは、これからもショッピングする顧客の「なぜ買うのか」「いつ買うのか」「どうやって買うのか」というプロセスを分析し、EC企業の販売促進に貢献していきます。


■『ZenClerk』在庫処分キャンペーン機能「StockClerk」の特徴
<在庫処分対象商品に興味を持つ人だけにクーポンを表示>
『ZenClerk』の在庫処分キャンペーン機能「StockClerk」では、クーポンは、ユーザーが商品をただ閲覧しただけでは表示されません。ユーザーのサイト内の閲覧行動やマウスの動きを『ZenClerk』がリアルタイムに解析することで、「該当(在庫処分対象)の商品の購入を検討している人」「買おうかやめようか本気で迷っている人」にだけ、クーポンを表示します。

<セールの乱発によるブランド毀損を防止>
今まで、ECサイトにおける在庫処分への対応は「サイトの工夫(特集の設置など)でユーザーをページに誘導する」「セールの実施」「既存会員へのメルマガ送付」といった手立てに限られており、他店との差別化やユーザー誘導のためにセールを使う場合、最終的に70%オフなどの高割引率セールの開催が必要になるという実態がありました。結果的に、在庫は処分できても利益が残らず、セールの乱発などによるサイトのブランド毀損といった副次的な影響も発生していました。「StockClerk」は、その特徴的な機能により、むやみなセールの乱発によるサイト全体の客層・客単価の低下を防ぎ、且つ10%オフ程度での低割引率での在庫処分が可能になります。

<トライアルではコンバージョン率が大幅に向上>
「StockClerk」はすでに一部の大手通販サイトで実稼働しており、コンバージョン率の大幅な向上が確認できています。もちろん今までの『ZenClerk』と同様に、初期費用は無料で、売上連動型での課金形態となっています。
トライアルをご利用いただいた担当者様からは、以下のようなコメントをいただいております。
「顧客の新規獲得は部門の問題だが、在庫処分は会社全体の問題。そのような課題を解決できるソリューションは誰もが待ち望んでいたはず。導入してすぐに効果が出始めたため、そのスピード感に若干の焦りを感じるくらい、『ZenClerk』の新機能「StockClerk」が対象商品を売る訴求力の実感はあった。」


■『ZenClerk』基本サービス特徴
<最適なタイミングでクーポン配信>
ユーザーのサイト内の閲覧行動やマウスの動きを『ZenClerk』がリアルタイムに解析。統計・行動経済学上、リアルタイムかつ最適なタイミングでサイト閲覧者にオファーを提示することができる技術(特許出願済)を開発、実用化。
ECサイトの売上達成を全自動でサポートします。

<学習機能でタイミング精度が随時アップ>
人工知能・機械学習応用技術により、利用者の増加に伴い「オファー(クーポン)を提示するタイミングの精度」が自動で上がっていく仕組みを搭載。クーポンの効果を最大化することで顧客獲得コストを削減し、売上向上と利益創出に貢献します。

<簡単実装運用、わかりやすい料金システム>
簡単なクーポン情報の入稿だけで担当者に負担をかけません。成果に応じたプロフィットシェアで、初期導入費や固定費は一切必要ありません。

『ZenClerk』のクライアントの累計月商はすでに150億円を超えています。
サービス詳細は、 http://www.zenclerk.com/ をご覧ください。


【会社概要】
会社名 : 株式会社DoBoken
代表者 : 共同代表取締役 音田 康一郎(おんだ・こういちろう)
    : 共同代表取締役 桑山 礎(くわやま・はじめ)
所在地 : 〒107-0062 東京都港区南青山7-3-1 NGA南青山ビルXII 8F
設立  : 2011年5月
資本金 : 38,423,014円
事業内容: ECサイト向けに、リアルタイムな行動分析とベストタイミングで
      オファーを行うサービス『ZenClerk』の提供
URL   : http://zenclerk.com

プレスリリースロゴ画像

報道関係者向け
お問い合わせ先

@Press運営事務局までご連絡ください。
ご連絡先をお伝えいたします。
お問い合わせの際はリリース番号「55949」を
担当にお伝えください。

  • お電話でのご相談はこちら 03-5363-4870 @Press運営事務局 平日9:30~18:00
  • Webからのご相談はこちら
    お問い合わせフォームへ