eラーニング教材「TOEIC(R)テスト公式問題で学ぶ実践英...|

eラーニング教材「TOEIC(R)テスト公式問題で学ぶ実践英語トレーニング法」  日経ビジネススクールオンライン講座で提供開始

日本でTOEIC(R)プログラムを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会は、eラーニング教材「TOEIC(R)テスト公式問題で学ぶ実践英語トレーニング法」を日経ビジネススクールオンライン講座(日本経済新聞社が運営)にて2014年12月22日(月)より受講生を募集開始いたします。

eラーニング教材「TOEIC(R)テスト公式問題で学ぶ実践英語トレーニング法」
eラーニング教材「TOEIC(R)テスト公式問題で学ぶ実践英語トレーニング法」

本講座では、長年にわたり効果的な英語トレーニング法を指導してきた、千田 潤一(ちだ じゅんいち)氏による解説を、eラーニングに収録し、学習後にはTOEIC(R)テスト公式問題を使って成果を確認します。どのようにトレーニングをすれば効果的に英語能力を身に付けることができるのか、日本人の英語学習者がぶつかる、「文の構造が瞬時につかめない」、「音が連結すると耳が空回りする」、「早く聞こえる、口から出てこない」、「読むのが遅い、書くのも遅い」等、「英語の壁」をポイントごとにわかりやすく解説しています。さらに『TOEIC(R)テスト新公式問題集 Vol.6』を使った11の実践的トレーニングで、「英語の学び方」を身に付けることができ、TOEIC(R)テストの受験準備にもご活用いただけます。


「TOEIC(R)テスト公式問題で学ぶ実践英語トレーニング法」の概要
【商品名】
TOEIC(R)テスト公式問題で学ぶ実践英語トレーニング法

【標準受講時間】
7時間

【講座内容】
(1) eラーニングでのトレーニング
・英語トレーニング法指導に熟練した講師(千田 潤一氏)によるわかりやすい解説で「どのように英語トレーニングをしたらよいかわからない」という悩みを克服。
・『TOEIC(R)テスト新公式問題集 Vol.6』を使った11の実践的トレーニングで「英語の学び方」を身に付ける。
・モチベーションを維持するコツをつかんで目標達成のために英語学習を継続する。

(2) 実践テストで成果を確認
・実践テストとして『TOEIC(R)テスト新公式問題集 Vol.3』に収録されている「TEST 1」の200問に挑戦。
・本番同様のクオリティー、音声はTOEIC公式ナレーターが担当。
・実践テストは解答・解説付き。

【募集開始日】
2014年12月22日(月)

【受講料】
18,000円(税抜)
※本講座には公式教材である書籍『TOEIC(R)テスト新公式問題集 Vol.6』が付属しています。

【申し込み方法】
「日経ビジネススクールオンライン講座( http://www.nikkei-nbsonline.com/ )」の「ビジネススキル」より本講座を選択し、講座内容・受講料・付帯サービス等を確認の上、お申し込みください。

【利用方法】
(1) 受講申し込み後、日経ビジネススクールオンライン講座事務局より郵送される「ユーザ登録証」に記載の、IDとパスワードの入力が必要です。

(2) パソコンでの受講です。受講にはアプリケーションソフトAdobe(R)Reader(R)が必要です。利用環境の詳細は、「日経ビジネススクールオンライン講座 ( http://www.nikkei-nbsonline.com/ )」よりご確認いただけます。

詳細につきましては、日経ビジネススクールオンライン講座( http://www.nikkei-nbsonline.com/course/kouza_xawl0901.html )でもご覧いただけます。


ETS, the ETS logo, PROPELL, TOEIC, TOEIC Bridge, TOEIC BRIDGE are registered trademarks of Educational Testing Service in the United States, Japan and other countries and used under license.

カテゴリ
サービス
ジャンル
教育 | ビジネス全般

プレスリリースロゴ画像

報道関係者向け
お問い合わせ先

@Press運営事務局までご連絡ください。
ご連絡先をお伝えいたします。
お問い合わせの際はリリース番号「55151」を
担当にお伝えください。

  • お電話でのご相談はこちら 03-5363-4870 @Press運営事務局 平日9:30~18:00
  • Webからのご相談はこちら
    お問い合わせフォームへ
お客さまの声
問い合わせが大幅に増加!地方まで網羅できるメディアリストの豊富さと手厚いフォローがポイント
株式会社東急ハンズ 山田 一之様

アクセスランキング