株式会社カワダ調べ『親が子供に贈りたいクリスマスプレゼントに...|

株式会社カワダ調べ『親が子供に贈りたいクリスマスプレゼントに関する実態調査』

知育へ投資の傾向、子供と親の欲しい物に乖離(かいり) 親が子供に贈りたい物はゲームに続きブロック系玩具が第2位 今年の予算5,000円以上は通常期の約2倍増に!

2014.11.17 10:00

株式会社カワダ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:石井 純一)は、2014年10月15日(水)~10月17日(金)の3日間、日本全国の5歳~小学6年生の子供を持つ20歳以上の親(男女)300名を対象に、「親が子供に贈りたいクリスマスプレゼントに関する実態調査」を実施いたしました。

【ナノブロックプラス】ベーシックセット スタンダード
【ナノブロックプラス】ベーシックセット スタンダード

今回の調査では、クリスマス時期において、親が子供に玩具を購入するときの予算を5,000円以上とする人は通常期に比べ約2倍に増加することが分かりました(※1)。また、クリスマスプレゼントとして、親が子供に購入する予定の玩具と、子供が実際に欲しがっている玩具は比例していないことも判明。子供が欲しがる玩具においては(※2)、1位が“携帯型電子ゲーム・テレビゲーム機”、2位が“テレビアニメの玩具”ですが、親が購入予定している玩具(※3)1位は子供同様であるものの、2位はブロック系玩具で、そのブロック系玩具を欲しがっている子供が15.7%なのに対し、購入を予定している親が28.3%に上りました。
子供が欲する物と親が与えたい物には乖離が見られ、親はクリスマスプレゼントに対し知育へ投資する傾向が見られます。クリスマスプレゼントは「子供が欲しい物」より「親があげたい物」を購入するタイミングであるようです。
(※1~3は添付資料参照)

《調査結果概要》
【1】予算5,000円以上は通常期の約2倍増
玩具を購入するときの予算について、通常期に5,000円以上と答えたのが21%なのに対し、クリスマスにはおよそ2倍の39.6%の人が5,000円以上を費やす予定だと答えました。また、通常期は10,000円以上の玩具を購入する人はわずか2.7%しかいない一方で、クリスマスに10,000円以上を予算としている人は6.3%にも上りました。

【2】子供が欲しがっている玩具はゲーム機やアニメの玩具、プラモデルなどが上位を占める。
子供が欲しがっている玩具を聞いてみると、回答者の約半数がゲーム機が欲しいと答えました。また、2位以下に関してもアニメの玩具や、プラモデルが上位を占める結果となりました。知育玩具であるブロック系玩具が欲しいと答えた子供はゲーム機の約3分の1の15.7%にとどまる結果となりました。

【3】クリスマスに購入予定のプレゼントとしてゲーム機に続いて知育玩具であるブロック系玩具が第2位
クリスマスに親が子供に購入予定のプレゼントとして、ゲーム機を購入予定と答えた36.3%に続き、ブロック系玩具をあげる予定と答えた人が28.3%で、全体の2位となる結果になりました。

_______________________________________________

カワダより2014年3月に発売されたナノブロックプラスは、5歳以上の子供の創造力を楽しみながら育む ことができる、新感覚のブロックです。世界最小級であるナノブロック(基本ブロックが4mm四方)ではまだ難しい小さなお子様でも、簡単に遊ぶことができ、従来のダイヤブロックよりもリアルで完成度の高い作品を 作ることができます。

【ナノブロックプラスが小さなお子様でも遊びやすい理由】
ナノブロックプラスの基本ブロック(正方形)は、従来のブロックが縦3:横4なのに対し、縦、横、奥行きの比率が1:1:1(6mm四方)で、タテにもヨコにもズレなく自由に組み上げることができます。また、子供でも大人でも楽しめるちょうど良いサイズ感です。凸部分の高さが低いので、組みやすく外しやすいのも遊びやすさの特長です。さらに、ヨコピタという新しいモジュールで、横にもブロックを組むことがで、創造力が無限大に広がります。
なお、ナノブロックプラスの自由に作品を作ることができる「ベーシックセット スタンダード」は2014年日本おもちゃ大賞エデュケーショナル・トイ部門において大賞を受賞しています。

_______________________________________________

「nanoblock AWARD(ナノブロックアワード) 2014-15」作品募集開始!
2014年11月14日(金)~1月25日(日)まで

2011年に初開催し、2014年5月までに4回開催している「nanoblock AWARD」の2014-15年度、作品募集を開始いたします。
コンテスト募集期間:2014年11月14日(金)~2015年1月25日(日)
応募方法:特設サイトからのエントリーフォーム及びツイッター・フェイスブックからエントリー可能
特設WEBサイト:https://www.nanoblock-award.com/

また、Likeボタンによる一般投票も行い、Likeボタンを押すだけでプレゼントが当たる企画も実施いたします。
Likeボタンによる一般投票:2014年11月14日(金)~2015年2月1日(日)

■今回設定する部門
【1】Motion部門:ナノブロックの新たな挑戦として、2014 年3 月に発売したnanoGauge(ナノゲージ) もしくは2014年11月に発売するナノブロックmotionチョロQを使用する新部門!nanoblock+動力で、動きのある作品を募集
【2】nanoblock+部門:5歳以上の子供向けに遊びやすさをプラスした新ブロックでの作品
【3】Under200pcs部門:200ピースという限られたピースでの作品
【4】No Limit部門:個数制限無しの自由作品

■「nanoblock AWARD 2013-14」
前回開催された「nanoblock AWARD 2013-14」では、2013年11月22日(金)~2014年1月13日(月)の期間中、3つの部門(1)「2014年干支部門」(今年の干支である馬(午)の商品を組み換えた作品)(2)「Under200pcs部門」(200ピース以下で作られた作品)(3)「No Limit部門」(特にピース制限やテーマの無い自由作品)において全世界より 作品を募集いたしました。
その結果、最終応募者は過去最多の543作品に達し、選出された作品は東京ソラマチ(R)にて開催されたイベント「nanoblock AWARD 2013-14 エキシビション」にて展示されました。

《nanoblock AWARDとは?》
毎年募集部門を設定し、世界中のナノブロックファンから作品を募集。その応募作品の中から、グランプリ、準グランプリ、優秀賞を選定しています。
一人何作品でもエントリー可能で、受賞者には豪華賞品のプレゼントもご用意しております。

カテゴリ
商品
ジャンル
玩具 | 子育て・保育 | 教育
報道関係者向け
お問い合わせ先

@Press運営事務局までご連絡ください。
ご連絡先をお伝えいたします。
お問い合わせの際はリリース番号「53808」を
担当にお伝えください。

  • お電話でのご相談はこちら 03-5363-4870 @Press運営事務局 平日9:30~18:00
  • Webからのご相談はこちら
    お問い合わせフォームへ
お客さまの声
問い合わせが大幅に増加!地方まで網羅できるメディアリストの豊富さと手厚いフォローがポイント
株式会社東急ハンズ 山田 一之様