【オールアバウト、沖縄県・沖縄観光コンベンションビューロー共...|

【オールアバウト、沖縄県・沖縄観光コンベンションビューロー共同調査】 「50~60代オトナ夫婦の関係に関する実態調査」を発表

~約5割の夫婦が二人きりでの旅行を“年1回以上”経験~ ~カチコチ夫婦がとろける一番のスパイスは“旅”!?

総合情報サイト「All About」を運営する株式会社オールアバウト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:江幡 哲也)と、沖縄県・一般財団法人沖縄観光コンベンションビューローは、“旬香周島おきなわキャンペーン”の一環として、冬期の誘客ターゲットのアクティブシニア層である東京、大阪在住の50代~60代の既婚男女1,100名を対象に、“いい夫婦の日”である11月22日にあわせ、“夫婦関係”に関する実態調査を共同で実施いたしました。

【グラフ1】、【グラフ2】
【グラフ1】、【グラフ2】

調査結果のポイント
■オトナ夫婦のコミュニケーションツールで最も使われているのは「電話での会話」。「手紙・メモ書き」でのやり取りは約2割。一方、「LINE」の利用率は約1割。

■約5割の夫婦が二人きりでの旅行を“年1回以上”している。全く旅行をしない夫婦も約3割存在。

■旅行頻度が高い夫婦ほど、「散歩」や「映画鑑賞」といった日常生活での“仲良し行動”が顕著に表れる結果に。

■観光地のイメージ。食事の美味しさは「北海道」、リラックス効果や現地の人柄の良さでは「沖縄」に軍配。これからの冬シーズンの過ごしやすさでも「沖縄」が人気傾向。


■調査概要
・調査期間 :2014年8月21日(木)~8月22日(金)
・調査地域 :東京都・大阪府
・有効回答数:1,100件
・調査方法 :インターネットリサーチ
・年代   :50代550名(50.0%)、60代550名(50.0%)

■All Aboutでの関連記事
http://allabout.co.jp/1/238319/1/product/238319.htm

■旬香周島おきなわキャンペーン
http://cp.okinawastory.jp/


【オトナ夫婦のコミュニケーションツールで最も使われているのは「電話での会話」。「手紙・メモ書き」でのやり取りは約2割。一方、「LINE」の利用率は約1割。】
東京・大阪在住の50~60代の既婚男女1,100名に対して、日常の夫婦間のコミュニケーションツールで何を使用しているか質問したところ、「電話で会話」(76.6%)が最も多く、ついで「携帯のキャリアメール(ショートメール)(63.6%)」となりました。また若年層を中心に人気の高い「LINE」は14.5%と、「手紙・メモ書き」(27.9%)よりも利用率が低い結果になりました。【グラフ1】
さらに、一日の夫婦の平均会話時間も尋ねたところ、「30分以上1時間未満」(28.8%)、「1時間以上3時間未満」(26.3%)がボリュームゾーンとなりました。一方で、「30分未満」、「ほとんど会話しない」という層も3割近くいることが明らかになりました。【グラフ2】

【グラフ1】、【グラフ2】
http://www.atpress.ne.jp/releases/53195/img_53195_1.png


【約5割の夫婦が二人きりでの旅行を“年1回以上”している。全く旅行をしない夫婦も約3割存在。】
また、ここ数年における夫婦二人きりでの旅行の頻度について尋ねたところ、「年に1回以上」行く人が約5割(年に1回、半年に1回、年に3回以上の合計)となり、二人に一人が夫婦水入らずの旅を楽しんでいる結果となりました。その一方で、「全く行かない」という夫婦も約3割存在し、今後のシニア旅行の潜在需要を表す結果とも言えるでしょう。【グラフ3】

【グラフ3】
http://www.atpress.ne.jp/releases/53195/img_53195_2.gif


【旅行頻度が高い夫婦ほど、「散歩」や「映画鑑賞」といった日常生活での“仲良し行動”が顕著に表れる結果に。】
前述の旅行頻度の回答結果と、日常生活での夫婦の“親密度合い”を図る行動を比較分析したところ、旅行に「年に1回以上行く」夫婦は、「全く行かない」夫婦に比べて、一緒に“散歩する”、“映画鑑賞する”、“家で晩酌する”、“洋服選びをする”といったほぼ全ての行動において実施傾向が大きく上回る結果になりました。旅行頻度と日常生活における親密度合いには相関関係があると言えそうです。【グラフ4-1~4】

さらに、旅行先での一日あたりの会話時間が普段と比べてどのくらい増えると感じるかを尋ねたところ、「1.5倍以上増える」(50%以上75%未満、75%以上100%未満、100%以上の合計)と回答した人が約3割となり、旅行が夫婦関係にもたらす効果の一端と言えるでしょう。【グラフ5】

【グラフ4-1~4】
http://www.atpress.ne.jp/releases/53195/img_53195_3.gif

【グラフ5】
http://www.atpress.ne.jp/releases/53195/img_53195_4.png


また、旅行先での相手の言動でカチンとくるものを尋ねたところ、「特にない」(43.6%)が圧倒的に多く、次いで「歩くペースが早い、または遅い」(16.6%)、「就寝時のイビキがうるさい」(16.2%)が2割にも満たず、シニア夫婦の旅行において、相手の行動はそこまで気にならないと言えそうです。【グラフ6】

【グラフ6】
http://www.atpress.ne.jp/releases/53195/img_53195_5.gif


【観光地のイメージ。食事の美味しさは「北海道」、リラックス効果や現地の人柄の良さでは「沖縄」に軍配。これからの冬シーズンの過ごしやすさでも「沖縄」が人気傾向。】
日本国内の観光スポットに対して抱いている、いくつかのイメージについても尋ねたところ、「食事が美味しい」では札幌、函館、小樽などの“北海道エリア”が最も多い結果となり、「自然に溢れている」、「リラックスできる」、「現地の方の人柄が良い」といった項目においては那覇や石垣島・宮古島など“沖縄エリア”が支持を集める結果となりました。また、冬シーズンの旅行をする際の過ごしやすさでも、“沖縄エリア”が九州エリアを大きく引き離し、最も多い結果となりました。【グラフ7-1~5】

【グラフ7-1】
http://www.atpress.ne.jp/releases/53195/img_53195_6.gif

【グラフ7-2】、【グラフ7-3】
http://www.atpress.ne.jp/releases/53195/img_53195_7.gif

【グラフ7-4】、【グラフ7-5】
http://www.atpress.ne.jp/releases/53195/img_53195_8.gif


■オールアバウトについて URL: http://corp.allabout.co.jp/
大日本印刷株式会社を大株主とする株式会社オールアバウトが運営するAll Aboutは、約1,300のテーマごとに、専門の知識や経験を持った人=「ガイド」が、その分野に関する情報を提供する総合情報サイトです。2001年2月15日のサイトオープン以来、順調にユーザ数を伸ばし、月間総利用者数は約3,830万人(2014年7月実績、スマートフォン、モバイル含む)となっています。独自記事の展開を中心にシステムだけでは到達しない満足度へ“人”が編集・ナビゲートするサービスです。

カテゴリ
調査・報告
ジャンル
レジャー・旅行

プレスリリースロゴ画像

プレスリリース添付資料

報道関係者向け
お問い合わせ先

@Press運営事務局までご連絡ください。
ご連絡先をお伝えいたします。
お問い合わせの際はリリース番号「53195」を
担当にお伝えください。

  • お電話でのご相談はこちら 03-5363-4870 @Press運営事務局 平日9:30~18:00
  • Webからのご相談はこちら
    お問い合わせフォームへ

お客さまの声
問い合わせが大幅に増加!地方まで網羅できるメディアリストの豊富さと手厚いフォローがポイント
株式会社東急ハンズ 山田 一之様

アクセスランキング