名古屋商科大学の海外就労希望者を対象にした『CAPI』プログ...|

名古屋商科大学の海外就労希望者を対象にした『CAPI』プログラム  開始2年で参加数のべ100企業100名を突破

2014.09.30 10:30

名古屋商科大学は、海外就労希望者を対象にした『CAPI』プログラムを2012年度から開始し、開始から2年あまりで参加数のべ100企業100名を突破いたしました。

ミャンマーのホテル
ミャンマーのホテル

『CAPI』プログラムは、経済成長著しいASEAN(東南アジア諸国連合)10カ国中、ベトナム、タイ、インドネシア、ミャンマー、カンボジア、フィリピンの6カ国とインドで、毎年3月と8月に2~3週間かけて、現地で就業体験できるプログラムです。2012年夏~2014年夏の計5期で、7カ国9都市104企業146名が参加し、今夏はこれまでで最大の5カ国31企業へ45名が参加しました。派遣先の企業は、製造、商社、サービス、IT、教育、運輸と多岐にわたります。
参加者は現地で日本と海外のサービスの違い、その国の文化を理解し、現地スタッフとのコミュニケーションを通じてグローバル化時代に必要な環境適応力などを身に付けていきます。このプログラムを通して、帰国後の目標や将来を考えるきっかけを見つけたり、慣れない環境でも成果を出し、海外で外国人と働くことで自信をつけるなど参加者の大きな成長に繋がっています。このプログラムでは渡航費と宿泊ホテルの半額を大学が負担するなど、奨学金制度も整っています。


■『CAPI』プログラム概要
CAPI(Career Advancement Program International)は、毎年3月と8月に行われる、将来、海外就労を希望している学生を対象とした支援プログラムです。日本企業の海外進出が著しい中、特に注目されるASEAN諸国での海外インターンシップをはじめ、グループワーク、現地語講座、語学学習、特別講座などを実施しています。

URL: http://www.nucba.ac.jp/press/entry-11522.html


■名古屋商科大学について
1953年の開学以来、一貫して実践的なビジネス教育を展開。国内初となる複数の国際認証の取得に成功し、現在は4学部8学科2研究科で質の高いビジネス教育を追求。世界中に42カ国91校の提携校を構築し、交換留学や国際ボランティアを積極的に実施。ビジネススクール(社会人大学院)においては、HBS、MIT、IMDなど世界のトップビジネススクールへの短期留学支援を行う国内唯一のMBAプログラムを有し、ビジネス教育に関する世界的なランキングである「Eduniversal Best Masters Ranking worldwide 2013-2014」においては、国内で初となるアジア第1位にランクイン。

カテゴリ
企業動向
ジャンル
教育 | 社会

プレスリリースロゴ画像

報道関係者向け
お問い合わせ先

@Press運営事務局までご連絡ください。
ご連絡先をお伝えいたします。
お問い合わせの際はリリース番号「51712」を
担当にお伝えください。

  • お電話でのご相談はこちら 03-5363-4870 @Press運営事務局 平日9:30~18:00
  • Webからのご相談はこちら
    お問い合わせフォームへ
お客さまの声
問い合わせが大幅に増加!地方まで網羅できるメディアリストの豊富さと手厚いフォローがポイント
株式会社東急ハンズ 山田 一之様

アクセスランキング