~「思い出の音楽に関する意識調査」~男女間のギャップが判明?...|

~「思い出の音楽に関する意識調査」~ 男女間のギャップが判明? 思い出の曲が多い女性と曲への思い入れが強い男性! 男女ともに「思い出ソング」は、ミスチルを支持

2014.09.19 18:00

株式会社 USEN(東京都港区、代表取締役社長:田村 公正)では、この度、全国の15歳~39歳の男女に対して、「思い出の音楽に関する意識調査」を2014年9月4日(木)~2014年9月8日(月)に実施しましたので、発表いたします。

参照[1]
参照[1]

■男女で違う、「思い出の音楽」の意外な結果!
 思い出の曲の数が多いのは女性、曲への思い入れが強いのは男性(参照[1])

まず思い出の曲がある男女500名(男性:250名、女性:250名)に対し、「思い出に残っている曲の数」について尋ねました。その結果、全体では、「1曲」が36.3%と最も多く、次いで「5曲以上」が35.0%、「2曲」が17.2%となりました。

しかしながら、男女別にみると大きな違いがみられました。男性全体の1位は、「1曲」で41.2%、「5曲以上」が32.0%となりましたが、女性全体では、「5曲以上」が38.0%と、「1曲」の31.2%を6.8%も上回る結果になりました。特に20代の男女間での違いが顕著に出ており、20代男性は「1曲」が46.0%、「5曲以上」が23.0%と、23%もの開きがあったのに対し、20代女性は「1曲」34.0%、「5曲以上」43.0%と、20代男女では正反対の回答となりました。

この結果が示すものとして考えられるのは、男性は「思い出の曲はこれだ!」という1曲に対する思い入れが強く、一方女性については「様々な生活シーンにおいて音楽を紐付けて思い出にするため、思い出の曲が複数ある」ということを表しているといえそうです。

参照[1] http://www.atpress.ne.jp/releases/51358/img_51358_1.jpg


■年を取るほど二極化が進む「思い出ソング」。一番熱いのは10代!?
 「歌う派」より「聴く派」が多いなか、特に10代が最も活発的。(参照[2])

では、次に思い出の音楽とは現在どのような接点があるのでしょうか。複数回答で、現在の思い出の音楽との接点について尋ねたところ、全体では、半数を上回る51.2%が「今でもよく聞く」と回答し、次いで「接点はない(もう聴いたり歌ったりしていない)」が26.4%、「カラオケで歌う」の回答は全体の25.4%で3位となりました。

尚、世代別にみると、年代が高くなるにつれて「今でもよく聞く」という回答が減少する傾向にあります(男性では、10代:68.0%、20代:59.0%、30代:44.0%。女性は、10代:58.0%、20代:53.0%、30代:37.0%)。「カラオケで歌う」という回答には、男女で異なる結果になり、男性は世代が高くなるにつれて、10代:34.0%、20代:29.0%、30代:18.0%と、カラオケで歌う割合が減少しています。一方女性については、10代:28.0%、20代:24.0%、30代:25.0%と、減少はせず、各世代で平均的に歌われているということがわかりました。

また、際立った特徴が表れたのが、「接点はない(もう聴いたり歌ったりしていない)」という回答になります。男女別・各世代別にみても、「今でもよく聞く」という回答が最も多くの票を集めましたが、唯一30代女性だけが、「接点はない」という回答が40.0%と、「今でもよく聞く」(37.0%)を上回りました。なお、30代男性においては、「今でもよく聞く」が「接点はない」を上回ることはなかったものの(それぞれ、44.0%:33.0%)、他世代と比べてその差は縮まっていることがわかりました。

思い出の音楽との接し方には違いがあり、特に世代が上がるにつれて「今でもよく聞く」と「接点はない」で二極化が進むことが見て取れます。一方若い世代ほど、思い出の曲はたくさん聞きたい!歌いたい!という想いが強いことが明らかになりました。

参照[2] http://www.atpress.ne.jp/releases/51358/img_51358_2.jpg


■男女を問わず「ミスチル」がランクイン!
 人気の思い出ソング、男性は「サザン」「ミスチル」「スピッツ」、
 女性は「ミスチル」「ドリカム」「BUMP OF CHICKEN」

世代・性別を超えて愛される「思い出ソング」を自由回答で確認したところ、最も多かったのは「ミスチル」ソングでした。その他、男性ならば「サザン」「スピッツ」、女性ならば「ドリカム」「BUMP OF CHICKEN」が回答数としては上位となっていました。


【調査概要】
調査主体  :株式会社 USEN
調査実施機関:株式会社ネオマーケティング
調査内容  :思い出の音楽に関する意識調査
調査地域  :全国
調査方法  :インターネット調査
調査期間  :2014年9月4日(木)~2014年9月8日(月)
有効回答数 :500サンプル


※本リリースに含まれる調査結果をご掲載頂く際は、必ず 「(株)USEN調べ」 と明記ください。

カテゴリ
調査・報告
ジャンル
音楽 | その他ライフスタイル
報道関係者向け
お問い合わせ先

@Press運営事務局までご連絡ください。
ご連絡先をお伝えいたします。
お問い合わせの際はリリース番号「51358」を
担当にお伝えください。

  • お電話でのご相談はこちら 03-5363-4870 @Press運営事務局 平日9:30~18:00
  • Webからのご相談はこちら
    お問い合わせフォームへ

お客さまの声
問い合わせが大幅に増加!地方まで網羅できるメディアリストの豊富さと手厚いフォローがポイント
株式会社東急ハンズ 山田 一之様