作家の冲方 丁氏を招き「平安文学とかな文字」をテーマにシンポ...|

作家の冲方 丁氏を招き「平安文学とかな文字」をテーマにシンポジウム開催  基調講演と学生参加のトークセッションで文字文化の伝統を見直す

2014.09.05 15:00

学校法人和洋学園 和洋女子大学(千葉県・市川市、学長 岸田 宏司)は、2014年10月4日(土)、「平安文学とかな文字」をテーマに、シンポジウムを開催いたします。

シンポジウム開催 和洋女子大学
シンポジウム開催 和洋女子大学

日本の文字文化の伝統を見直すシンポジウムが開催されます。基調講演には、清少納言の生涯を描いた『はなとゆめ』を執筆した冲方 丁氏を招きます。
また、本学の教員と学生たちが参加するトークセッションも開催いたします。入場は無料ですが、申込制となります。

【開催概要】
<プログラム 2014年10月4日(土)>
14時30分:開場
15時00分:開演
     ・学長 岸田 宏司 挨拶
15時10分:基調講演「物語の力」
     ・講師 冲方 丁氏
16時00分:休憩
16時10分:トークセッション
     ・冲方 丁氏、和洋女子大学教員、和洋女子大生
17時00分:閉会

<料金>
入場無料

<定員>
200名

<応募締切>
2014年9月18日(木)必着
(応募多数の場合は抽選、聴講券の発送をもって発表に代えさせていただきます。)

<応募方法>
受講希望者は下記項目(1)~(5)を明記の上、ハガキ、ファクス、メールのいずれかにてお申込ください。

(1) 和洋女子大学聴講希望
(2) 郵便番号、住所
(3) 氏名、年齢
(4) 職業
(5) 電話番号

ハガキ : 〒100-8055(住所不要)
      読売新聞東京本社 活字文化推進会議事務局
ファクス: 03-3217-4309
メール : katsuji@yomiuri.com

申込用紙はこちらをご利用ください。
http://www.wayo.ac.jp/Portals/0/Event/20140818001.pdf

<概要>
会場:和洋女子大学(千葉県市川市国府台2-3-1)
   西館1-4教室
主催:和洋女子大学 活字文化推進会議
主管:読売新聞社
後援:文部科学省


【和洋女子大学について】
教育理念 人を支える「心」と「技術」を持って行動する女性の育成
URL: http://www.wayo.ac.jp

1897年 和洋裁縫女学院(現在の千代田区富士見)に、各種学校として設立。
1946年 九段校舎戦災燒失のため現在地(千葉県市川市国府台)に移転。
1949年 和洋女子大学(家政学部)としてスタート。生活学科・被服学科設置。
2014年 7学類に改組

トークセッションに登壇するのは、日本文学文化学類の学生たちです。

日本文学文化学類の学びについてはこちらから。
http://www.wayo.ac.jp/academics/departments/humanities/ja_cul/tabid/269/Default.aspx

カテゴリ
イベント
ジャンル
教育
報道関係者向け
お問い合わせ先

@Press運営事務局までご連絡ください。
ご連絡先をお伝えいたします。
お問い合わせの際はリリース番号「50472」を
担当にお伝えください。

  • お電話でのご相談はこちら 03-5363-4870 @Press運営事務局 平日9:30~18:00
  • Webからのご相談はこちら
    お問い合わせフォームへ
お客さまの声
問い合わせが大幅に増加!地方まで網羅できるメディアリストの豊富さと手厚いフォローがポイント
株式会社東急ハンズ 山田 一之様