夏の疲れは「足裏・かかと」にも現れる! 夏の終わりは“ガサガ...|

夏の疲れは「足裏・かかと」にも現れる!  夏の終わりは“ガサガサかかと”に!?

足裏・かかとケアを行うのは、サンダルや素足になる夏だけで良いと思っていませんか。夏の終わりにサンダルからパンプスなどに移行し、「見られないから」と安心してはいけないのです。なんと、夏の終わりの8月下旬あたりには足裏やかかとにも夏の疲れが現れ、角質がたまりやすくなります。なぜ、角質がたまりやすいのか、どのようにケアすれば良いのか、100年前から続く足の専門ブランドのドクター・ショールから、夏の終わりから秋冬に向けて重要な『足の角質ケアポイント』をご紹介いたします。

足の角質20倍
足の角質20倍

●夏の終わりは角質が溜まりやすい!?
なぜ、足裏には角質がたまりやすく、夏の終わりは角質がたまりやすいのでしょうか。

1.1日平均7,000回!足は全体重の衝撃を受け止めるために、角質が厚くたまりやすい!
足は全体重の衝撃を歩くごとに片方の足で全体重を支えながら体のバランスを保ち、次の一歩を踏み出す助けを行う動作を1日平均7,000回繰り返しています。足の角質の厚さは、体の他の部位の約20倍あり、かかとに至っては土踏まずの約4倍と足を守るために非常に分厚くなっています。足で受け止める衝撃や、夏のダメージなどを受ける度、足を守るために角質はより一層厚く硬くなっていきます。

2.夏はダメージを受けやすく、角質に気付きにくい!?
夏の足は「素足で過ごす」「肌が紫外線にさらされる」「サンダルやヒールなどで足を酷使する」「汗でムレる」等、過酷な環境にさらされています。靴に覆われて外的刺激を受けにくい冬に比べ、夏に受けた様々なダメージによって、夏の終わりには足裏に角質がたまりやすくなっています。素足を見られる機会も減っていく上、足裏にかきやすいたくさんの汗によって一見潤っているように見えるため、足の角質が夏のダメージによってたまっていることに気付きにくくなります。

足裏の角質が硬くなったまま、パンプスやブーツを履くと、ニオイやかかとのひび割れの原因にもなります。
夏の終わりに取り入れる「足裏・かかとケア」の正しい方法をご紹介します!


●正しい角質ケアは「角質除去」と「保湿」。足には足のスキンケアを!
足裏の角質ケアで重要なのは、余分な角質を取り除いた後に、保湿を行うこと。
分厚くなった角質層は、保湿成分の浸透を防いでしまうため、保湿前には必ず余分な角質を除去することを心がけましょう。
角質除去後の皮膚はデリケートで乾燥しやすい状態になるため、足用の保湿クリームでしっかり潤いを与え、保護しましょう。

●足裏・かかとケアの新トレンド!面倒なケアは素早く電動でケア!
ゴシゴシ擦ったり、長時間かかる面倒なケアからさようなら!足裏・かかとケアは素早く手軽にケアしましょう!

面倒で億劫な足裏・かかとケアを手早く簡単・手軽に行えることがつるすべかかとを保つポイントです。新発売の「Dr.Scholl ベルベットスムーズ 電動角質リムーバー」は、1か所わずか3~4秒でできる角質ケアです。ローラー部分が電動するため、無理にゴシゴシこすらなくても簡単に角質を除去できます。乾いた肌に使えるので、お出かけの直前や、気になった時にいつでも手軽にケアできます。
なでるだけでスピーディーに角質を除去しながらなめらかな素足に導きます。


【「Dr.Scholl ベルベットスムーズ 電動角質リムーバー」】
<発売日>
2014年9月1日(月)

<価格>
オープン価格

<商品特長>
・スピーディーに角質をパウダー状にしてしっかり除去
・つま先からかかとまで広範囲をケア
・人間工学に基づいたグリップ
・経済的に美足

<本体商品詳細>
・内容:
 本体1個 / ローラーヘッド1個 /付替え用ローラーヘッド1個 / 電池4本
・1分間に約1,500回転
・保管に便利なカバー付き
・一年間の保証付き


【ディープ・モイスチャライジング・クリーム(スキンケア保湿クリーム)】
角質ケア後や日々の保湿ケアはベタつかない保湿クリームを使うことをおすすめします。

<価格>
オープン価格

<商品特徴>
・「尿素」の仲間で、より保湿性に優れる「尿素誘導体」を配合
・素早く角質層に浸透し、塗った直後でも肌表面はサラサラでベタつかない


【掲載時のクレジット】
商品クレジット  : ドクター・ショール
問合せ先クレジット: レキットベンキーザー・ジャパン株式会社
           お客様相談室
TEL        : 0120-634-434
URL        : http://www.drscholl.jp


【発売元】
レキットベンキーザー・ジャパン株式会社

カテゴリ
商品
ジャンル
美容

プレスリリースロゴ画像

報道関係者向け
お問い合わせ先

@Press運営事務局までご連絡ください。
ご連絡先をお伝えいたします。
お問い合わせの際はリリース番号「49486」を
担当にお伝えください。

  • お電話でのご相談はこちら 03-5363-4870 @Press運営事務局 平日9:30~18:00
  • Webからのご相談はこちら
    お問い合わせフォームへ