GfK Japan調べ:2014年上半期 映像ソフト市場総括|

GfK Japan調べ:2014年上半期 映像ソフト市場総括

 ジーエフケー・ライフスタイルトラッキング・ジャパン株式会社(所在地:東京都中野区、代表取締役社長:藤林 義晃、略称:GfK Japan)は、2014年上半期のセル映像ソフトの販売動向を発表した。※

映像ソフトジャンル別金額構成比
映像ソフトジャンル別金額構成比

※全国の映像ソフト取扱店(メディアストア、家電量販店、総合量販店、Eコマース等)における販売実績を基に推計した市場規模。


【概要】
・2014年上半期のセル映像ソフト市場は、数量前年比14%減、金額前年比11%減。上半期の金額市場が1,000億円を下回ったのは2006年以降で初めて。
・Eコマースがチャネル別金額構成比56%を獲得し、最大チャネルを堅持。
・Blu-rayソフトは、金額ベースで映像ソフト市場全体の44%を占めるまでに拡大。


【映像ソフト全体】
 2014年上半期のセル映像ソフト市場(通常DVD、Blu-ray等をすべて含む)は2,188万枚、974億円となった。前年比は数量ベースで14%減、金額ベースで11%減と二桁幅で減少し、当社が調査を開始した2006年以降で初めて、上半期の金額市場が1,000億円を割り込んだ。
 販売チャネル別の金額構成比では、Eコマースが56%、メディアストアが27%、家電量販店が8%を占めた。
 ジャンル別の金額構成比では、最大ジャンルの音楽が2013年通年から4%ポイント構成比を拡大し、34%を獲得した。市場規模は前年同期を下回ったものの、他ジャンルの販売低迷がより顕著だったため、相対的に構成比は増した(図1)。また、前年同期に活況を呈した邦アニメは2013年通年から構成比をやや下げ28%、洋画は2%ポイント減の10%となった。

図1: http://www.atpress.ne.jp/releases/49439/img_49439_1.png


【Blu-rayソフト】
 2014年上半期のBlu-rayソフト市場は753万枚、427億円となった。数量前年比は2%減と前年同期をわずかに下回ったが、金額前年比は2%増とプラス成長を維持した。Blu-rayソフトがセル映像ソフト全体に占める割合は前年同期から6%ポイント拡大し、金額ベースで44%に達した。チャネル別金額構成比はEコマースが67%、メディアストアが17%、家電量販店が10%を占めた。ジャンル別金額構成比では、最大ジャンルの邦アニメが2013年通年から2%ポイント構成比を下げ46%となった。洋画も前年実績を下回り、同3%ポイント減の12%となった。一方で、前年同期の約1.3倍の金額市場規模に成長した音楽は、金額構成比を2013年通年から5%ポイント伸ばし25%を獲得した。


【2014年展望】
 前年の市況や今後のラインナップ等を考慮すると、2014年下半期の市況は持ち直すものと見られる。上半期に数量ベースで微減となったBlu-rayソフト市場も「アナと雪の女王」を起爆剤として急速に復調し、最終的には数量金額ともに前年の約1.2倍の規模に拡大すると見込む。映像ソフト全体の暦年市場規模は、数量ベースではわずかに前年を下回ると予測するが、Blu-rayの伸長が平均価格を押し上げ、金額ベースではほぼ横ばいで着地するだろう。


≪ジーエフケー・ライフスタイルトラッキング・ジャパンについて≫
 ジーエフケー・ライフスタイルトラッキング・ジャパン株式会社は、家電製品などの耐久消費財実売データ、その他総合マーケティングサービスを提供する市場調査会社、GfKの一員です。
 オプティックス製品、ゴルフ用品、映像ソフトウエアなどの分野において、POSデータ・店舗監査データを基に推計した市場代表性の高いマーケットデータと関連サービスを提供しています。

URL: http://www.gfk.com/jp

※弊社名を報道にて引用頂く場合は、正式社名のほか、「GfK Japan」、「ジーエフケー ジャパン」、「GfKジャパン」の略記でも結構です。

カテゴリ
調査・報告
ジャンル
経済 | 映画
報道関係者向け
お問い合わせ先

@Press運営事務局までご連絡ください。
ご連絡先をお伝えいたします。
お問い合わせの際はリリース番号「49439」を
担当にお伝えください。

  • お電話でのご相談はこちら 03-5363-4870 @Press運営事務局 平日9:30~18:00
  • Webからのご相談はこちら
    お問い合わせフォームへ
お客さまの声
問い合わせが大幅に増加!地方まで網羅できるメディアリストの豊富さと手厚いフォローがポイント
株式会社東急ハンズ 山田 一之様