ヤマハ、デジタル・サウンド・プロジェクター『YSP-2500...|

ヤマハ、デジタル・サウンド・プロジェクター『YSP-2500』を新発売

リアルサラウンドでホームエンターテインメントの楽しみをさらに広げる、 4K・Bluetooth(R)対応の新YSP登場

株式会社ヤマハミュージックジャパンは、デジタル・サウンド・プロジェクター「YSP-3300」の高音質と「YSP-2200」のスリムボディを受け継ぐ最新機種として、音質の向上を図るとともに、4KパススルーやBluetooth(R)にも対応したモデル『YSP-2500』を8月上旬より全国で発売いたします。

YSP-2500
YSP-2500

<製品の概要>
『YSP-2500』は、ヤマハの独自技術によりビーム化した音を壁に反射させてリアルなサラウンドを実現する、デジタル・サウンド・プロジェクター「YSPシリーズ」の最新モデル。定評ある「YSP-2200」のスリムボディを、さらに進化させた新デザインを採用し、「YSP-3300」の高音質を踏襲、さらなる音質向上を図るとともに、新たに4KパススルーやBluetooth(R)にも対応しています。スマートフォン・タブレットなどの対応機器からワイヤレス音楽再生が楽しめるようになったほか、専用アプリケーション「HOME THEATER CONTROLLER」も利用でき、手元の画面で確認しながらの快適な本体操作などが可能。デジタル・サウンド・プロジェクター「YSP-1」の発表から「YSPシリーズ」10年目を迎える2014年、トレンドに合わせて進化した『YSP-2500』の発売により、映画も音楽もスポーツも、家で視聴する楽しみがさらに広がります。


<YSP-2500 主な特長>
1. ホームエンターテインメントの臨場感をさらに高める、
  ヤマハ独自の高音質設計

バータイプのセンターユニットに、2.8cm口径のビームスピーカーを16個内蔵。ヤマハ独自の「デジタル・サウンド・プロジェクター技術」により、音のビームを壁に反射させてリアルなサラウンドを実現します。伸びのある上質な高域と、クリアで深みのある中域を実現し、より抜けの良い音質になりました。また、パワードサブウーファーを新採用し、量感のある豊かな低音を楽しめます。視聴モードは、ステレオ再生またはサラウンド再生を選択可能。サラウンド再生は、映画・音楽・スポーツなどコンテンツに合わせて選び、最適な音場で楽しめるヤマハ独自の「シネマDSP(10モード)」を搭載しています。

2. YSPシリーズでは初となる、最新規格の4K60p対応HDMI端子を搭載

4K60p/3D映像伝送(パススルー)(*1)に対応した最新規格のHDMI端子を、YSPシリーズでは初めて搭載。ブルーレイディスクレコーダーなどからの高精細な4K60p映像信号を、本機を経由してテレビに伝送できます。
(*1)4K60p対応テレビ/3D対応テレビ、および4K60p再生対応AV機器/3D再生対応AV機器が必要です。

3. 薄型テレビの前にすっきり&シンプルに設置・接続できる、
  スタイリッシュな51mmスリムボディ

薄型テレビの前にすっきりと置けるセンターユニットは、高さ51mmのスリムなアルミボディ。奥行が十分でないラックの上に置くときには、テレビスタンドをまたいで置けるように、着脱式レッグを用意しています。装着時のレッグ部の高さは22~35mmに調整でき、テレビに合わせた設置が可能。また、本機がテレビのリモコン受光部を隠してしまう場合でも、テレビのリモコン信号を本機背面に受け渡す「テレビリモコンリピーター(*2)」を装備しているので、安心して設置できます。テレビとの接続は、HDMIケーブル1本をつなぐだけで簡単。HDMI入力端子は3系統装備し、ブルーレイディスクレコーダーやゲーム機など3機器まで手軽に接続できます。さらに、別ユニットのサブウーファーは、ワイヤレス接続対応、縦でも横でも設置できます。
(*2)赤外線を利用したリモコン信号の伝送に有効です。

4. ベストな視聴環境の自動設定やテレビとの連動操作など、
  充実した機能が満載

設置する室内の形状などに合わせて、ベストな視聴環境をフルオートで設定できる、音響測定・最適化技術「インテリビーム」を搭載。付属のマイクを使って約3分間の測定をするだけで、ビーム角度・音量・音質などを各チャンネルごとに自動で設定できます。室内の視聴位置を3スポットまでメモリー登録でき、導入時に設定しておけば使用するたびにセッティングする必要もありません。さらに、大手メーカーのテレビやレコーダーに対応した「HDMIコントロール機能(リンク機能)」を搭載。接続中のテレビやレコーダーのリモコン操作と連動して、本機の電源ON/OFF・音量調整・入力切替などが行えます。

5. Bluetooth(R)対応やクリアボイスなど、
  より快適に視聴できる再生・音質機能

本機は、Bluetooth(R)にも対応。テレビを視聴していないときでも、スマートフォン・タブレット内の音楽コンテンツを手軽にワイヤレス操作で再生できます。独自の音質改善技術「ミュージック・エンハンサー」をオンにすれば圧縮音源も高音質で楽しめます。その他に、セリフやナレーションを格段に聴き取りやすくする「クリアボイス」も搭載。BGMや効果音がふんだんに使用されている番組でも、人の声と背景音を判別して、人の声のみを自動で音量アップします。

6. スマートフォンなどの画面上から簡単に操作可能な、
  専用アプリケーションに対応

専用アプリケーション「HOME THEATER CONTROLLER」。iOS版・Android版ともに、無償ダウンロード(*3)してご利用いただけます。このアプリケーションを使えば、視聴モードやシネマDSPの選択、クリアボイスなど音質機能のON/OFF切替などを、スマートフォンやタブレットの画面上から手軽に行えます。また、アプリケーションのホーム画面には、選択中の入力やサラウンドプログラムなどがアイコンで分かりやすく表示され、本体の状況が一目で分かるので操作がより快適になります。
(*3)iOS版はApp Storeから、Android版はGoogle Playから無償ダウンロードができます。


<製品情報>
http://jp.yamaha.com/products/audio-visual/hometheater-systems/digital-sound-projector/ysp-2500_black__j/


【ヤマハYSPシリーズ10周年スペシャルサイト『YSPのすべて』】
『YSP-2500』のリリースと同時に、ヤマハYSPシリーズの10周年を記念した特別コンテンツも公開いたします。
http://jp.yamaha.com/products/audio-visual/special/ysp_10th/



<この件に関するお問い合わせ先>
■一般の方のお問い合わせ先
株式会社ヤマハミュージックジャパン カスタマーサポート部
お客様コミュニケーションセンター
オーディオ・ビジュアル機器ご相談窓口
〒430-8650 静岡県浜松市中区中沢町 10-1
TEL:0570-011-808(ナビダイヤル:全国どこからでも市内通話料金)
TEL:053-460-3409(上記番号でつながらない場合)

カテゴリ
商品
ジャンル
家電 | 音楽
報道関係者向け
お問い合わせ先

@Press運営事務局までご連絡ください。
ご連絡先をお伝えいたします。
お問い合わせの際はリリース番号「48256」を
担当にお伝えください。

  • お電話でのご相談はこちら 03-5363-4870 @Press運営事務局 平日9:30~18:00
  • Webからのご相談はこちら
    お問い合わせフォームへ