ボッテガ・ヴェネタ 上海で「PLEASURES OF THE...|

ボッテガ・ヴェネタ 上海で「PLEASURES OF THE IMAGINARY」展を開催

2014.06.27 12:00

ボッテガ・ヴェネタは2014年6月13日から9月末まで、上海の外灘にあるイフェン・ギャラリア店で「PLEASURES OF THE IMAGINARY」展を開催しております。イフェン・ギャラリア店は2階にギャラリースペースが併設されたユニークなブティックで、中国の現代アーティストやフォトグラファーの作品が展示されています。

画像1
画像1

この展覧会は、次世代アーティストの活躍を促し、画期的な文化的事業を支援するというボッテガ・ヴェネタの真摯な取り組みとして、通常の高級ブティックではできないようなユニークで充実した体験をお客様に提供するという考えを融合した数多くのイベントの一つといえます。

イフェン・ギャラリア店ではこれまでにブティックのオープンを記念する展覧会として、中国の壊れゆく遺産に目を向けた「DAMAGED HERITAGE」展、身の回りにある何気ないアイテムが私たちの日常生活とどう交わっているかを示した第2弾の「TALKING OBJECTS」展、ポートレートの芸術性を追求した第3弾の「FACING FACES」展、自然の中での人間性を探求した第4弾の「CRITICAL LANDSCAPES」展、そして今春は日々の生活に漂うはかない断片を切り取った「BIRDHEAD」展を開催し、それぞれ成功を収めてきました。


今回の展覧会は中国全土で活躍する7名のフォトグラファーおよびアーティストの作品を集めたもので、それぞれ現代的な生活や文化に独自の解釈を加えています。現代社会のイマジネーションと人々の空想を探求したアーティストたちは、様々な技術を駆使し、写真の持つ表現力を改めて実証しています。今回の展覧会に集まった作品は、現代の中国人フォトグラファーたちの芸術に対する深い情熱を立証するものといえるでしょう。


ボッテガ・ヴェネタのクリエイティブ・ディレクター、トーマス・マイヤーは「今回の展覧会の開催をうれしく思います。お客様には、これまでイフェン・ギャラリア店で開いてきた展覧会に負けないくらい感動的で、刺激的な魅力を持つ展覧会として楽しんでいただければ幸いです。ボッテガ・ヴェネタは長年にわたり、大胆かつ画期的な形でアーティストやフォトグラファーたちと密接な関係を築いてきました。私たちがイフェン・ギャラリア店で取り組んできたことは、このブランドの基本理念を一つの形にしたユニークなものといえるでしょう。写真は私にとって情熱をかきたてる存在ですので、一連の展覧会がブティックを訪れた皆さんにご好評をいただいていることを非常に光栄に思っております」と語っています。

ボッテガ・ヴェネタの社長兼CEO、マルコ・ビッザーリは「ボッテガ・ヴェネタは卓越したクラフツマンシップとサービスを真摯に追い求めてきたと同時に創造性にあふれる才能を育てることにも惜しみない支援を行ってきました。これは自分たちのブランドの価値観と強く結びついているだけでなく、お客様にとっても大切なことであると認識しています。私どものお客様は常に高いレベルを期待されており、私たちはその期待に応えるだけでなく、それを超えることを目指しています。これまでの展覧会の反響から、お客様には他では決して得られないものを提供できたかと思っております。ただ何より大切なのは、展覧会を通じてお客様が心から楽しめるものをお届けできたということです。プロジェクト全体がこれほどの大きな成功を収めたことを、大変うれしく思っています」と語っています。


展覧会は、上海を代表するウォータフロントエリア、外灘にあるイフェン・ギャラリア店2階にあるギャラリーで開かれています。同店は中国国内のボッテガ・ヴェネタのブティックでは最大の規模を誇り、店舗面積が530平方メートルを超える店内には宮殿のように美しい空間が広がっています。イフェン・ギャラリアは築100年ほどの建物の中にあり、超一流のハイエンドなラグジュアリーブランド、ファッションブランドが一堂に会しています。外灘は1920年代から30年代にかけてネオクラシックからアールデコまで幅広い影響を受けた壮麗な建築物が点在するエリアで、近年の大規模な再開発を経てかつての栄華を取り戻しました。イフェン・ギャラリア店は1年を通じてさまざまな展覧会を開ける常設スペースが設けられており、世界各地にあるボッテガ・ヴェネタのブティックの中でもとりわけユニークな存在といえます。ボッテガ・ヴェネタのお客様にとって芸術や文化は重要であるとの認識から、ブティックのかなりの部分をアート作品の展示スペースとしています。ボッテガ・ヴェネタとアーティストやデザイナーとの協働という長い歴史を踏まえたこの試みは、さらに企業の社会的責任、教育と芸術の振興といった課題に対するブランドの真摯な取り組みの一つにもなっています。

今回の展覧会は、復旦大学で視覚文化論と中国現代写真論を専攻する顧錚教授がキュレーションを担当しています。批評家・コメンテーターとしてだけでなく、写真家としてもよく知られる顧錚教授は、これまでニューヨーク大学のパーソンズ・スクール・オブ・デザインやスミソニアン博物館などの一流機関で展覧会のキュレーターを務めています。

カテゴリ
イベント
ジャンル
アート・デザイン
報道関係者向け
お問い合わせ先

@Press運営事務局までご連絡ください。
ご連絡先をお伝えいたします。
お問い合わせの際はリリース番号「48067」を
担当にお伝えください。

  • お電話でのご相談はこちら 03-5363-4870 @Press運営事務局 平日9:30~18:00
  • Webからのご相談はこちら
    お問い合わせフォームへ