フランジア、ハノイ工科大学と日本語IT教育の産学共同プロジェ...|

フランジア、ハノイ工科大学と 日本語IT教育の産学共同プロジェクト推進委員会を発足  ~日本語を話せるブリッジSEの慢性的な不足の解消に~

株式会社フランジア・ジャパン(本社:東京都品川区、代表取締役:平井 誠人)の子会社であるFramgia Vietnam CO.,LTD(本社:ベトナム ハノイ市、代表取締役社長:藤本 一成)は、ベトナムの最高峰理系大学であるハノイ工科大学(所在地:ベトナム ハノイ市、総長:Nguyen Trong Giang)と産学共同プロジェクト推進委員会を設立しました。


産学共同プロジェクト推進委員会の目的は2つあります。

1.情報工学部の学生に日本語でのIT教育を推進していくこと
2.産学連携でベトナムIT産業の競争力向上に繋がるリサーチプロジェクトを行うこと

ハノイ工科大学では2006年から日本語のできる高度IT人材を育成するために、日本国のODAを活用し情報工学部内に「HEDSPI」(Higher Education Development Support Project on ICT、以下 HEDSPI)という特別コースを設けています。このHEDSPIを産学連携でより強化していきます。


近年ベトナムでは、チャイナプラスワンの影響で多くの日系ITの企業が進出していますが、日本語が話せるブリッジSEの数が慢性的に不足しています。そこでベトナムトップのハノイ工科大学をODAで支援する形としてHEDSPIプロジェクトがスタートしました。

ODAの予算には限りがあり、いずれは大学が独自で運営しなければなりません。日系企業のニーズや品質管理方法、ITプロジェクトにおける日本語でのコミュニケーションなど、大学だけではカバーできない部分を、フランジアがこれまでオフショア開発で培ってきたノウハウを活かしながら、全面的にHEDSPIプロジェクトをサポートします。

IT分野におけるリサーチプロジェクトにおいては先進設備を有するハノイ工科大学内の図書館棟に専用の研究室を設け、オープンソースプロジェクトへの参加など、ベトナムの未来を担っていく若手ITエンジニアと一緒に新しい技術のリサーチを行います。


【フランジアついて】
2012年設立。ベトナムに150名のエンジニアを有する日系オフショア開発会社。スマートフォンアプリ、Webアプリ、ゲーム、企業向けシステムなど幅広く対応いたします。ベトナムのハノイに7名の日本人が移住してお客様の案件を日々進捗管理をしているので、品質管理が行き届いています。

会社名: 株式会社フランジア・ジャパン(日本法人)
所在地: 〒141-0021 東京都品川区上大崎2-5-10
代表 : 代表取締役 平井 誠人
URL  : http://framgia.com/jp/

報道関係者向け
お問い合わせ先

@Press運営事務局までご連絡ください。
ご連絡先をお伝えいたします。
お問い合わせの際はリリース番号「47941」を
担当にお伝えください。

  • お電話でのご相談はこちら 03-5363-4870 @Press運営事務局 平日9:30~18:00
  • Webからのご相談はこちら
    お問い合わせフォームへ