補聴器を活用して日々の暮らしを楽しむアクティブシニア等が集合...|

補聴器を活用して日々の暮らしを楽しむアクティブシニア等が集合  6月6日・補聴器の日「補聴器ライフスタイルフォーラム2014」開催

~千葉県在住の大塚久子さん(84歳)が 2014補聴器ライフスタイルショー グランプリ受賞~

6月6日(金)の補聴器の日を記念して、一般社団法人 日本補聴器工業会が主催する「補聴器ライフスタイルフォーラム2014」が東京・六本木で開催されました。フォーラムでは、補聴器を活用して趣味や仕事に積極的に取り組んで人生を楽しんでいる補聴器ユーザーが登場し、補聴器ライフスタイルショーが行われ、事前の書類選考によって「アクティブシニア部門」「ビジネス・ユース部門」「アスリート部門」などの部門賞を受賞した30代から80代の男女6名が、スライドやスピーチ、パフォーマンスを通じて、その生き生きとした姿をステージでアピールしました。
このステージで、千葉県在住の大塚久子さん(84歳)が、「2014補聴器ライフスタイルショー グランプリ」に輝き、また東京都在住の小澤宏之さん(72歳)が、相田翔子さん特別賞を受賞しました。

「補聴器ライフスタイルショー」出場者の皆さん
「補聴器ライフスタイルショー」出場者の皆さん

本イベントでは、聞こえの大切さや補聴器への理解を深めていただくため、「補聴器ライフスタイルショー」の他に、東京ミッドタウンクリニックの大蔵暢先生や第一生命経済研究所の水野映子氏による講演、「補聴器ライフスタイルショー」の審査委員として参加した「2014補聴器広報大使」・相田翔子さん(歌手・女優)によるトークショーが行われました。
2013年、補聴器の国内出荷は52万台を超え、金額で300億円を突破するなど過去最高の記録となりました。高齢者がさらに増加するなか、日本補聴器工業会では、聞こえの大切さへの理解促進と、ユーザーの方の悩みや、社会でのバリアの低減に補聴器が貢献できるよう、より一層の努力をしていきたいと考えています。

・「補聴器ライフスタイルショー」出場者の皆さん
(右端がグランプリの大塚久子さん、中央が「2014補聴器広報大使」の相田翔子さん)
http://www.atpress.ne.jp/releases/47204/img_47204_1.jpg

・グランプリを受賞した大塚久子さん
http://www.atpress.ne.jp/releases/47204/img_47204_2.jpg

・特別賞を受賞した小澤宏之さん
http://www.atpress.ne.jp/releases/47204/js_img_47204_3.jpg


◆「補聴器ライフスタイルフォーラム2014 補聴器ライフスタイルショー」
グランプリ受賞者 大塚久子さんのコメント
「まさかの賞で驚いています!!これからも、補聴器の力で長く長く生きて、仲間とともに歩みたいと思っています」

◆「2014補聴器広報大使」相田翔子さんのコメント
「私自身が以前、突発性難聴を患ったこともあり、また女優や歌手という仕事柄、“聞こえ”の大切さについて身をもって知りました。相手の声が聞こえにくくなるのはとても不安なことですが、今日出場された皆さんは、補聴器を付けることで自信も付けて、たくさんの方との楽しい時間を過ごされていて、とても感動しました。ごついイメージのある補聴器も、今はとても小さいものから、アクセサリーのようなかわいらしいものまであるんですよ。聞こえに対する不安を持っている方、補聴器を使おうかどうしようか悩んでいる方が、少しでも早くアクションに起こすきっかけになるよう、背中を押してあげたいと思いました」

カテゴリ
イベント
ジャンル
社会 | 健康・ヘルスケア | 福祉

プレスリリースロゴ画像

報道関係者向け
お問い合わせ先

@Press運営事務局までご連絡ください。
ご連絡先をお伝えいたします。
お問い合わせの際はリリース番号「47204」を
担当にお伝えください。

  • お電話でのご相談はこちら 03-5363-4870 @Press運営事務局 平日9:30~18:00
  • Webからのご相談はこちら
    お問い合わせフォームへ

お客さまの声
問い合わせが大幅に増加!地方まで網羅できるメディアリストの豊富さと手厚いフォローがポイント
株式会社東急ハンズ 山田 一之様

アクセスランキング