「スポーツ(プロ野球)」に関するアンケート調査結果について|

「スポーツ(プロ野球)」に関するアンケート調査結果について

2014.03.10 11:00

 三井グループ企業25社(特別会員会社1社含む)で構成する三井広報委員会は、1972年より40年以上にわたり、「三井ゴールデン・グラブ賞」を提供しております。この度、「スポーツ(プロ野球)」に関するインターネットアンケート調査を実施いたしましたので、調査結果を以下のとおり発表いたします。

【質問1】興味のあるスポーツについて
【質問1】興味のあるスポーツについて

TOPIC(1):興味のあるスポーツ、「サッカー」「野球」がほぼ同率1位。
TOPIC(2):好きな球団3位に「東北楽天ゴールデンイーグルス」がランクイン。
TOPIC(3):2013年シーズン以降、全国区で楽天ファンが増加した。
TOPIC(4):2013年度三井ゴールデン・グラブ賞受賞選手のイメージランキング、
     6項目中4項目で田中将大投手、前田健太投手がトップ2を独占。
TOPIC(5):「野球・ソフトボール」のオリンピック競技種目への
     復活を望む声は約70%。


<調査概要>
■調査期間:2014年1月17日(金)~1月19日(日)
■調査方法:インターネットリサーチ(調査機関:株式会社マクロミル)
■調査地域:全国
■調査対象:15歳以上(※高校生以上)の男女1,236名
      <性別・年代別回答数>
      http://www.atpress.ne.jp/releases/43989/img_43989_10.jpg
■質問内容:
(1)「興味を持っているスポーツについて」
(2)「応援しているプロ野球チームについて」
(3)「2013年度三井ゴールデン・グラブ賞受賞選手のイメージ」
(4)「野球・ソフトボールのオリンピック競技種目への復活について」


◆TOPIC(1):興味のあるスポーツ、「サッカー」「野球」がほぼ同率1位。
質問1:●「現在、あなたが少しでも興味を持っているスポーツをお答えください。(複数回答可)」(回答者数:1,236名)

・「サッカー」(35.2%)と「野球」(35.1%)がほぼ同率1位。
・男性では、興味のあるスポーツ1位は「野球」(48.1%)で、「サッカー」「スキー、スノーボード」と続く。
・女性では、興味のあるスポーツ1位は「サッカー」(26.5%)で、「興味のあるスポーツは特にない」「スケート」と続くが、男性と比べると全体的にスコアは低い。
・「サッカー」への興味が最も強いのは20代。「野球」への興味が最も強いのは60代以上。
・10代では、「バドミントン」「バスケットボール」のスコアが他の年代と比べて高い。また、「興味のあるスポーツは特にない」のスコアが12.1%と低い。
・60代では、「スケート」「ゴルフ」「相撲」のスコアが全体より高い。

グラフ: http://www.atpress.ne.jp/releases/43989/img_43989_1.jpg


◆TOPIC(2):好きな球団3位に「東北楽天ゴールデンイーグルス」がランクイン。
質問2:●「あなたが最も応援しているプロ野球チームを1つだけお答えください」(回答者数:1,236名)

・好きなプロ野球球団ベスト3は、(1)読売ジャイアンツ(13.3%)、(2)阪神タイガース(11.6%)、(3)東北楽天ゴールデンイーグルス(7.4%)。
・一方、「応援しているチームはない」と回答した割合も42.6%と高かった。

グラフ: http://www.atpress.ne.jp/releases/43989/img_43989_4.jpg

●「いつからファンになりましたか。あてはまるものについてお答えください。」【図(2)】
●「ファンになったきっかけ・理由をお答えください。(複数回答可)」【図(3)】
(回答者数:709名 ※(1)で応援しているチームがあると回答した方のみ)

・ファンになった時期については、「小学生まで」「中学時代」の合計が約半数。
・ファンになった理由については、「地元の球団だから」(37.9%)が最も多い。

【図(2)】: http://www.atpress.ne.jp/releases/43989/img_43989_5.jpg
【図(3)】: http://www.atpress.ne.jp/releases/43989/img_43989_6.jpg


◆TOPIC(3):2013年シーズン以降、全国区で楽天ファンが増加した。
【クロス分析(1)】「応援しているプロ野球球団」×「ファンになった時期」(回答者数:709名)

・「東北楽天ゴールデンイーグルス」については、「2013年シーズンになってから」
 ファンになったとの回答が42.9%と他球団と比べはるかに多い。
・セ・リーグ球団は、「小学生まで」にファンになったと回答した割合が、パ・リーグに比べて多い傾向がある。

グラフ: http://www.atpress.ne.jp/releases/43989/img_43989_2.jpg

【クロス分析(2)】「応援しているプロ野球球団」×「ファンになったきっかけ・理由」(回答者数:709名)

・「地元の球団だから」と回答した割合は地方球団では軒並み60%以上をマークしているなか、東北楽天イーグルスについては、28.6%と低い数値となった。
・さらに、「テレビ番組などを見て」ファンになったとの回答も24.2%と多い。
 ⇒2013年日本シリーズ優勝に伴い、全国区でファンが増えていると推測される。

グラフ: http://www.atpress.ne.jp/releases/43989/img_43989_3.jpg


◆TOPIC(4):2013年度三井ゴールデン・グラブ賞受賞選手のイメージランキング、6項目中4項目で田中将大投手、前田健太投手がトップ2を独占。
質問3:●「第42回三井ゴールデン・グラブ賞受賞選手のイメージをお答えください。(複数回答可)」※各項目、ベスト5のみ掲載(回答者数:1.236名)

・2013年シーズン、各チームの若手エースとして活躍した田中将大投手、前田健太投手は、「好感がもてる」「努力家」「スター気質」「挑戦心のある」の4項目で上位2位を占めている。
・すべての項目に田中将大投手、前田健太投手、阿部慎之助捕手がランクイン。
・阿部慎之助捕手、嶋基宏捕手はいずれも、「チームメイトを大切にする」「リーダーシップがある」の項目での評価が高い。

グラフ: http://www.atpress.ne.jp/releases/43989/img_43989_7.jpg


◆TOPIC(5):「野球・ソフトボール」のオリンピック競技種目への復活を望む声は約70%。
質問4:●「オリンピックにおいて野球とソフトボールは2008年北京を最後にオリンピック競技から外れましたが、あなたは復活を望みますか?」(回答者数:1.236名)

・全体の69%が野球・ソフトボールのオリンピック競技への復活を「望む※」と回答。
・問1で「野球に興味がある」と回答した人に絞って集計すると85%が「望む※」と回答。
※「強く望む」「望む」の合算値

全体   : http://www.atpress.ne.jp/releases/43989/img_43989_8.jpg
野球興味者: http://www.atpress.ne.jp/releases/43989/img_43989_9.jpg


■三井広報委員会( http://www.mitsuipr.com/ )
 三井広報委員会は、三井グループ25社(特別会員会社1社含む)で構成し、様々な文化活動及び広報活動を通じて、国際交流や地域社会の活性化に貢献すると共に、社会の繁栄と福祉に寄与し、三井グループのより一層のイメージ向上を目指しています。


■三井ゴールデン・グラブ賞( http://mgg.mitsuipr.com/mgg/index.html )
 三井ゴールデン・グラブ賞は、1972年にダイヤモンドグラブ賞としてスタートし、1986年に現在の名称になりました。
 日本プロ野球セ・パ両リーグの第三者公式表彰として制定される本賞は、毎年卓越した守備によりチームに貢献した選手を、新聞社・通信社・テレビ局・ラジオ局のプロ野球担当記者(現場取材経験5年以上)による投票で選ぶ、権威ある賞のひとつです。その年守備で最も輝いたベストナインの選出に、毎年多くの期待が寄せられています。

――― 三井ゴールデン・グラブ賞は三井グループ24社が提供しています
三機工業、新日本空調、サッポロビール、東レ、王子ホールディングス、電気化学工業、三井化学、日本製鋼所、三井金属、東洋エンジニアリング、三井造船、日本ユニシス、三井物産、三越伊勢丹ホールディングス、MOCマーケティング、三井住友海上、三井住友銀行、三井住友ファイナンス&リース、JA三井リース、三井生命、三井住友トラスト・ホールディングス、三井不動産、三井倉庫、エームサービス
三井広報委員会 ロゴ: http://www.atpress.ne.jp/releases/40384/Z_2.jpg

プレスリリースロゴ画像

報道関係者向け
お問い合わせ先

@Press運営事務局までご連絡ください。
ご連絡先をお伝えいたします。
お問い合わせの際はリリース番号「43989」を
担当にお伝えください。

  • お電話でのご相談はこちら 03-5363-4870 @Press運営事務局 平日9:30~18:00
  • Webからのご相談はこちら
    お問い合わせフォームへ
お客さまの声
問い合わせが大幅に増加!地方まで網羅できるメディアリストの豊富さと手厚いフォローがポイント
株式会社東急ハンズ 山田 一之様

アクセスランキング