九州大学、天神地下街の全域Wi-Fi化のコストを独自無線中継...|

九州大学、天神地下街の全域Wi-Fi化のコストを独自無線中継技術で低減

国立大学法人九州大学(所在地:福岡県福岡市、総長:有川 節夫)ならびにPicoCELA株式会社(所在地:福岡県福岡市、代表取締役:井上 聡志)は、この度、地下商店街の全域Wi-Fi(無線LAN)化プロジェクトにかかる設置コストを独自の無線中継技術によって低減することに成功しました。


■プロジェクトの特長
従来、広域なWi-Fi空間の構築には多数のLANケーブル配線が必要でしたが、今回用いた無線中継技術によってLANケーブル敷設にかかるコストを7分の1以下にまで低減できました。
同技術を組み込んだ多数の無線LANアクセスポイントを天神地下街*1(福岡市中央区)に設置し、総延長1.2kmの地下商店街全域をWi-Fi空間化することに成功しました。Wi-Fi空間の低コスト構築技術を確立したことにより、スマートフォンの普及に伴い需要が増大しているWi-Fiのエリア拡大が容易となることが期待されます。

PicoCELA株式会社が提供する小型無線中継Wi-Fiアクセスポイント、「PCWL-0100」は、機器間を無線中継することで、面倒なインターネット配線を不要にし、Wi-Fiエリアの拡大を容易にします。従来スポット的であったWi-Fiエリアを、複数台の「PCWL-0100」が連携することによって容易に広域化できます。


■プロジェクトの背景
PicoCELA株式会社は、九州大学大学院システム情報科学研究院の古川 浩教授が代表を務める「MIMO-MESHポイントの開発」プロジェクトの成果を事業化するべく設立されました。同プロジェクトは先端半導体の世界的な開発拠点構築のため、福岡県が推進している「シリコンシーベルト福岡プロジェクト」の一環として、文部科学省(地域イノベーションクラスタープログラム・グローバル型第II期)ならびに財団法人福岡県産業・科学技術振興財団の支援を受け、実施されています。今回の広域Wi-Fi空間構築は、福岡地下街開発株式会社殿が進める天神地下街の情報通信インフラ強化のために実施され、株式会社SIIIS殿の要請を受け、九州大学が推進する社会連携事業の一環として技術協力しました。


本広域Wi-Fi空間は、スマートフォンの普及に伴い急激に増大しているモバイル通信トラフィックを吸収し、既存の携帯電話網の品質向上に貢献します。さらに、本広域Wi-Fi網を各種の新型アプリケーションの運用に活用してもらうことで、次代を担うコンテンツ市場の活性化をサポートしていきます。


■補足説明
*1【天神地下街】福岡市中央区天神にある地下商店街。福岡市の中心に位置し、一日の歩行者量は約40万人。150を超えるテナントを収容する。


≪関連URL≫
●MIMO-MESHポイントの開発プロジェクトチーム ホームページ
http://mimo-mesh.com/

●九州大学システム情報科学研究院 ホームページ
http://www.isee.kyushu-u.ac.jp/

●地域イノベーションクラスタープログラム・
グローバル型第II期/福岡 ホームページ
http://www2.lab-ist.jp/

●財団法人福岡県産業・科学技術振興財団 ホームページ
http://www.ist.or.jp/

●天神地下街ホームページ
http://www.tenchika.com/

●株式会社SIIIS
http://siiis.com/

カテゴリ
商品
ジャンル
その他IT・インターネット
報道関係者向け
お問い合わせ先

@Press運営事務局までご連絡ください。
ご連絡先をお伝えいたします。
お問い合わせの際はリリース番号「22452」を
担当にお伝えください。

  • お電話でのご相談はこちら 03-5363-4870 @Press運営事務局 平日9:30~18:00
  • Webからのご相談はこちら
    お問い合わせフォームへ